人類を旅へと誘うルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会が開幕--アート、そしてファッションへ連なるエモーショナルな旅路【Report--2/2】

2016.04.22
4月23日より開幕する、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の展覧会「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィトン)」。我々を身体ごと引き込んだルイ・ヴィトンの旅は、徐々に“内なる旅”へとシフトしていく。

列車の旅を抜けるとそこに現れるのは、モノグラムの壁紙がはり巡らされたほの暗い空間。中にはデスク・トランクやライブラリー・トランク、ステーショナリーにタイプライターなどが並ぶ。本展のキュレーターを務めるオリヴィエ・サイヤール氏がもっとも刺激を受けたという、ルイ・ヴィトンの孫であるガストン-ルイ・ヴィトンは、執筆や読書をこよなく愛した人物。書の美学を大切にした彼ならではのコレクションは、モノグラムの用途拡大へとつながってゆく。

LVTOKYOEXPO
余暇の時間(ウール・ダブサンス)と題された部屋


ガストンは幼き頃から博識なコレクターだったが、書籍や印刷物、ホテルのステッカーなど、その膨大なコレクションから収集分野が多岐に渡っていたことが解る。会場に集められた多様なアンティーク・トランクもその一部だ。彼がトランク収集のために作成した質問票を見れば、好奇心に満ち溢れた人となりが窺える。コレクトされたものはすべてガストンのインスピレーションになり、ルイ・ヴィトンのファミリービジネスを発展させてゆく。

1927年にはルイ・ヴィトン初のフレグランスを誕生させ、ガストンはそれまでになかった新しいボトルを作り上げる。香水瓶はルイ・ヴィトンとアーティストのコラボレーションの先駆けとなり、オペラや花、舞台芸術をモチーフに様々なデザインが考案された。会場では、その美しいボトルやケースも展示される。

LVTOKYOEXPO
香水瓶はルイ・ヴィトンとアーティストのコラボレーションの先駆けとなった


ルイ・ヴィトンは、言わずと知れた世界各国に多くの顧客を持つブランドだ。創業者のルイ・ヴィトンがレイティエ・アンバルール(荷造り用木箱製造兼荷造り職人)として培った気配りは、メゾンを通して脈々と受け継がれ、その信頼と創造性が今日のルイ・ヴィトンを創り上げた。顧客の要望に応えるユニークなスペシャルオーダーの数々は、会場内を刺激的に彩る。ミュージシャンのために大切な楽器を守るケースを、そして名を馳せた往年女優たちのために化粧道具ボックスやジュエリーケースを、紳士たちのために靴用トランクやエレガンスなステッキを。ルイ・ヴィトンの手にかかれば、これまでに存在しなかったものは、“存在するもの”として価値を見出すのだ。

著名なアート・ディーラーであったルネ・ジャンベルはビジネスに使う絵画用トランクをオーダーし、作品を移動中のダメージから守る見事なトランクが出来上がった。こうしてルイ・ヴィトンとアートのつながりが生まれ、画家や芸術家の多くが顧客となり、今日では、ルイ・ヴィトンのファブリックやパターン・フォルムを一新するために、村上隆やリチャード・プリンス、ダミアン・ハーストなどが制作を行うために招かれている。これまでシックであったラインアップは、アートの息吹が吹き込まれることで、豊かな色彩のもと生まれ変わる。会場に掲げられる作品を見れば、常に新しいものを受け入れる柔軟性がこのメゾンに存在することが解る。

LVTOKYOEXPO
村上隆「アイ ラブ スーパーフラット」


そして旅は、日本開催のために用意された最終セクションへ。最後に我々を迎え入れるのは、ほっと一息つかせる和の空間だ。ティー・セレモニー・トランクや歌舞伎役者のための鏡台トランクは、もはやこれまで見てきた西洋のそれとは、まったく異なったものに感じられる。モノグラム・パターンは日本の紋に影響されたといわれ、ルイ・ヴィトンは日本を“インスピレーションの国”として、伝統とモダンな感性を調和させた両義性から、相互認識を見出してきた。村上隆や草間彌生、コムデ・ギャルソンの川久保玲といった日本人アーティストとの協業は、メゾンに新たな一面をもたらしたのだ。

LVTOKYOEXPO
ルイ・ヴィトンと日本の間にある信頼関係を感じさせる展示


展覧会のために来日したアトリエ職人のクラフツマンシップを目の当たりにし、旅のストーリーは幕を閉じる。職人たちの細かな作業には、ルイ・ヴィトンの歴史が滲み出る。家に帰れば、長年使って味の出たヴィトン製品も、より愛しいものへと変化を遂げるに違いない。


--前編「人類を旅へと誘うルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会が開幕--空へ、海へ、彼方への旅路【Report--1/2】」へ戻る。


【イベント情報】
「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton」
住所:住所:東京都千代田区麹町5丁目「旅するルイ・ヴィトン展」特設会場 
会期:4月23日~6月19日
時間:10:00~20:00(6月17日、18日は22:00までの時間延長が決定)
入場料:無料
休館日:月曜日(ただし4月25日、5月2日、6月13日は13:00~開館)
畑 麻衣子
  • インスピレーションの国、日本の部屋では、和のしつらえが迎えてくれる
  • 余暇の時間(ウール・ダブサンス)と題された部屋
  • モノグラム・キャンバスのガストン-ルイ・ヴィトン書棚トランク
  • 余暇の時間(ウール・ダブサンス)と題された部屋
  • 余暇の時間(ウール・ダブサンス)と題された部屋
  • ルイ・ヴィトンの広告葉書やラベルなども展示されている
  • 興味深いトランクの数々に目を奪われる
  • 村上隆「アイ ラブ スーパーフラット」
  • 興味深いトランクの数々に目を奪われる
  • ドレッサーを備えたクロコダイルレザーのスーツケース、ウィルデンシュタイン夫人所有
  • 香水瓶はルイ・ヴィトンとアーティストのコラボレーションの先駆けとなった
  • 洗練されたダンディズムの部屋
  • 洗練されたダンディズムの部屋
  • ファッションとクリエーションが共鳴する部屋
  • ミュージック・ルームでは、最も繊細な荷物の一つである楽器のために作られたケースが展示される
  • ピエール・セリシアのためにデザインされた天然牛革のバイオリンケース
  • ルイ・ヴィトンと日本の間にある信頼関係を感じさせる展示
  • ガストン-ルイ・ヴィトンは日本の刀剣の鍔(ツバ)をコレクションしていた
  • 伝統とモダンを調和させて日本をテーマにした部屋
  • 白州次郎が愛用したルイ・ヴィトンのバッグ
  • 板垣退助が渡欧する際に購入したルイ・ヴィトンの鞄
  • ファッションとクリエーションが共鳴する部屋
  • ルイ・ヴィトンの卓越した技を間近に感じることが可能な実演ブース
  • レザーアイテムのカーブ加工が多くの工程を経て完成されることがわかる
  • 会場には、ルイ・ヴィトンの軌跡を綴る書籍販売のコーナーもある
  • 人類を旅へと誘うルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会が開幕--アート、そしてファッションへ連なるエモーショナルな旅路【Report--2/2】
  • 人類を旅へと誘うルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会が開幕--アート、そしてファッションへ連なるエモーショナルな旅路【Report--2/2】
  • 会場には、ルイ・ヴィトンの軌跡を綴る書籍販売のコーナーもある
  • 会場には、ルイ・ヴィトンの軌跡を綴る書籍販売のコーナーもある
  • 会場には、ルイ・ヴィトンの軌跡を綴る書籍販売のコーナーもある
ページトップへ