新宿伊勢丹の中に“仮想デパート”現る!北欧好きにはたまらない!?

2015.11.12

伊勢丹新宿店に、北欧にある百貨店をイメージした仮想デパート「北欧空想百貨店」が11月11日から12月1日まで、伊勢丹新宿館5階リビングフロアのセンターパーク/ザ・ステージ#5、ウエストパークにオープンした。

この“空想百貨店”では、北欧のリビング用品・キッチン雑貨ギフト雑貨、品、書籍などを「ファッション」、「リビング」、「デパチカ」、「BOOK」という、百貨店フロアを意識した4つのゾーン展開で紹介している。

ファッションゾーンには、フィンランドで1951年に創業したライフスタイルブランドマリメッコMarimekko)のPieni Kulkunen(小さなジングルベル)柄のアイテムが登場。全国のマリメッコショップに先駆けて、ファブリックバッグ(4,500円)やキッチンアイテムなどが先行販売される。

リビングゾーンでは、“北欧の自然への畏敬”をテーマにしたアイテムを紹介。スウェーデンテキスタイルブランド・ヨブス(JOBS)からは、スウェーデン家具の巨匠であるマルムステンとコラボレーションした草木柄のフロアランプ(23万円)、北欧の自然からインスパイアされた柄を用いたファルモールのハイバックチェア(W約72×D83×H100×座面38cm 73万6,000円)、ビンテージファブリックパネル「パストラル」(約84×57cm 6万5,000円)などが発売される。このほか、スウェーデンを代表する陶芸作家リサ・ラーソン(Lisa Larson)のらくだの置物(5万円)、ペキニーズの置物(3万3,000円)に加え、動物が描かれた陶板も展開。フィンランドの陶磁メーカー・アラビア(Arabia)からは、デザイナーのライヤ・ウオシッキネン(Raija Uosikkinen)が北欧の民族叙情ストーリーを描いたイヤープレート(1万4,000円)がラインアップする。

デパチカゾーンは、デンマークで1886年より続く高級スーパー・イヤマ(IRMA)とコラボレーションした生活雑貨を紹介。天然木の穴あきウッドスプーン(3,000円)、サラダバーセット(5,800円)、カッティングボード(5,000円)、オーバルディッシュ(3,000円)、ショッピングバッグ(3,500円)などここでしか手に入らない特別アイテムが勢ぞろい。

BOOKフロアでは、BACH(バッハ)代表でブック・ディレクターの幅允孝がセレクトした北欧の暮らしやデザインに関する書籍が紹介される。
編集部
  • スウェーデンの陶芸作家、リサ・ラーソンの動物のオブジェや陶板
  • 「空想百貨店」で紹介される北欧発のインテリアブランド(写真中央はマルムステン「ファルモール」のハイバックチェア)
  • デンマークの高級スーパーマーケット「イヤマ」の生活雑貨アイテム
  • フィンランドの陶磁器メーカー「アラビア」のイヤープレート
ページトップへ