クラフトビールを堪能する「スロービール」プロジェクト始動。第1弾は映画とコラボ

2014.06.19

クリエーティブチーム「301」が、「ビールそのものをじっくり味わうこと」の魅力を探究する連続プロジェクト「SLOW BEER CLUB」をスタートする。

同プロジェクトでは、職人が作ったクラフトビールをゆっくりと堪能する「スロービール」というスタイルを提案。7月6日にその第1弾として、東京・月島の「TEMPORARY CONTEMPORARY」(東京都中央区月島1-14-7旭倉庫2階)で「SLOW BEER Cinema」を開催する。

同イベントでは、東京・赤坂のインデペンデント・ビアバー「sansa」監修の下セレクトされたクラフトビールを楽しみながら、移動映画館「キノ・イグルー」が用意する長編映画を楽しむことができる。

映画は1部(13時から15時半)、2部(16時半から19時)の2回上映。要予約。info@301.jpにて受け付ける。タイトルに「SLOW BEER Cinema参加申込」と記入し、本文に「代表者氏名、連絡先、人数、1部・2部のどちらに参加希望か」を明記のこと。参加費は4,000円。募集人数は各回50人を予定している。
松本玲子
  • “ビールそのものをじっくり味わうこと”の魅力を探究する連続プロジェクト「SLOW BEER CLUB」
ページトップへ