日本橋三越で、日本の絹の歴史を紡ぐ「宝絹」展。富岡製糸場の模型も登場

2014.10.01

日本橋三越本店で10月15日から、織物の美の象徴である絹にスポットを当てた「純国産『宝絹』展」が開催される。期間は21日まで。

近年、国産の繭・生糸の生産量が極めて少なくなり、このままでは消滅が危惧されているという。同展では「蚕が生み出す、唯一無二の風合いを次世代へ」という思いを込め、日本が誇る絹を消失させないために、養蚕や純国産の絹で作られた質の高い品々や、繊細な生産工程などから魅力を紹介する。

メイン会場となる本館1階中央ホールに展示されるのは、三越伊勢丹オリジナルブランド「三煌(さんこう)」。同ブランドは、良質な絹に着目して、細く強いしなやかな品質を追求し、長野の養蚕家や群馬の製糸場のほか、染色、製織、販売に至るまでそれぞれの専門家とともに開発した。同展では希少な反物から小物類まで、幅広い製品を展示する。

その他にも、三煌に使用される繭を始めとする様々な蚕品種や生きた蚕の展示、6月21日に世界文化遺産登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」に関する模型や各種パネルによる展示、「純国産『宝絹』~奇跡の糸ができるまで」と題された、絹作りを支える職人にクローズアップし、蚕が純国産絹製品になるまでをドキュメントタッチで追った映像上映なども行われる。

また、会期中は同店本館1階中央ホール・4階呉服売場にて毎日イベントも開催される予定。実演型ワークショップとして、財団法人蚕糸科学研究所による、日本の製糸のルーツと言える“座繰り”の実演を行う。参加型ワークショップには、東京・人形町の和装小物を製造販売する「龍工房」の福田隆を招き、絹糸を組んで作られる“組紐”の技術を使ったブレスレット作り体験を開催。参加型ワークショップは1日3回開催され、時間は11時、13時、15時から。各回約30分で定員は6名。応募予約は10月8日10時より電話にて受け付ける。


【イベント情報】
純国産「宝絹」展
場所:日本橋三越本店 本館1階 中央ホール、4階呉服売場
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1
会期:2014年10月15日から10月21日
時間:10:00から19:00
入場無料
編集部
  • 日本橋三越「宝絹展」会場ではシルクアイテムを展示、販売している
  • 三越伊勢丹オリジナルブランド「三煌(さんこう)」の訪問着
  • 色彩豊かな純国産のシルクが並ぶ
  • 「宝絹展」会場ではカラフルでシルクのストールも紹介される
  • 会場には蚕から繭、シルクアイテムまで紹介されている
  • 会場には蚕から繭、シルクアイテムまで紹介されている
  • 会場には蚕から繭、シルクアイテムまで紹介されている
  • 日本橋三越「宝絹展」会場ではシルクアイテムを展示、販売している
  • 宝絹展の会場では、機織り実演も実施されている
  • 富岡製糸場のレプリカも展示
  • 会場では琴演奏が行われた
  • 「工女ぐんまちゃん」も会場に駆けつけた
  • 宝絹展会場では富岡製糸場の歴史がパネルで紹介されている
  • <千總>絞り刺繍振袖(95万400円)
  • <三煌>東京手描友禅訪問着(62万6,400円)
  • <伊と幸>紋意匠色無地(各19万4,400円)
  • <龍工房>帯〆(各4万8,600円)
ページトップへ