ATELIER MUJI GINZAでアート展を開催。国内外で活動する4名のアーティストの描き下ろし作品をパリのリトグラフ工房と協働で制作

開催日:2021.02.26-03.14
2021.02.10
無印良品を展開する株式会社良品計画は、2021年2月26日から3月14日まで、無印良品 銀座 ATELIER MUJI GINZA Gallery2(東京都中央区)にて「MUJI CONNECTS ART 展」を開催いたします。展示作品は2月26日より、ATELIER MUJI GINZAおよび無印良品ネットストアでも販売いたします。

©ATELIER MUJI GINZA
無印良品は、生活の基となるものづくりを通して、ものの本質を見つめ直し、「感じ良いくらし」の探求を続けています。アートとは、生きることそのものの体現であり、無印良品が問い続けるくらしの原点を表現するひとつでもあります。「MUJI CONNECTS ART」は、「感じ良いくらし」の実現を目指す活動のひとつとして、人と人、人と社会がつながり、生活にアートを取り入れてほしいというメッセージを込めたプロジェクトです。

第一弾となる本展では、国内外で活動する4名のアーティストが描き下ろした作品を、フランスパリリトグラフ工房「Idem Paris(イデム・パリ)」と協働で制作。無印良品 銀座とネットストアで展示販売いたします。(各限定100部)

リトグラフは、職人たちの手作業により、一つひとつ異なる、一点物に近い風合いに仕上がることが魅力です。くらしの中に取り入れやすいアートでありながら、そこには確かな人の手の痕跡を感じ取ることができます。

社会構造や生活様式が変化しても、人の手から生み出されるアートは私たちに何かを感じるきっかけを与えてくれ、時に人々をつなぎ、支えるものにもなります。本展が今を生きる私たちにとって、人間本来の生きる力を育み、明るい未来へとつながる機会になれば幸いです。

Idem Paris
100 年以上にわたる歴史を持つリトグラフの技術と伝統を受け継ぐIdem Paris は、マティス、ピカソ、ブラック、シャガール、ミロなどの巨匠の時代から、現代美術の作家まで、さまざまなアーティストと協働して作品を制作してきた工房。

参加アーティスト
野又穫/堂本右美/Paul Cox/Vayeda Brothers(順不同)

【基本情報】
MUJI CONNECTS ART 展
会期|2021 年2 月26 日(金)― 2021 年 3 月14 日(日)
時間|11:00-18:00 営業時間は店舗と異なります。休館は、店舗に準じます。
※会期や時間など予定が変更となる場合がありますので、ATELIER MUJI GINZA 公式サイトをご確認ください。
会場|無印良品 銀座6F ATELIER MUJI GINZA Gallery2 入場無料
主催|良品計画
企画協力|小池一子
グラフィックデザイン|菊地敦己
施工|HIGURE 17-15 cas

ATELIER MUJI GINZA
〒 104-0061 東京都中央区銀座 3-3-5 無印良品 銀座6F
アクセス|東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅 B4 出口 徒歩3 分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅5 番出口 徒歩3 分
JR 山手線「有楽町」駅 中央口 徒歩5 分

MUJI CONNECTS ART 特設サイト|https://www.muji.com/jp/feature/connectsart
ATELIER MUJI GINZA 公式サイト|https://atelier.muji.com/jp/
Instagram|@ateliermuji_ginza
Twitter|@ateliermuji

【同時開催】Gallery1「Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき 展」2020 年10 月23(金)― 2021 年3 月14 日(日)



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ