今年も松屋銀座にニットワールドが出現! 「~しあわせを編む~マルティナさんと魔法の毛糸フェア」開催。

開催日:2021.02.23-03.03
2021.02.11
メインビジュアル
松屋銀座では、2021年2月23日から3月3日まで、2年前より春に開催し大変ご好評をいただいている「~しあわせを編む~ マルティナさんと魔法の毛糸フェア」を開催いたします。気仙沼から全国へ、毛糸とニットにふれるしあわせを広める活動を展開するマルティナさんのフェア。東日本大震災から10年という節目を迎える今回、これまで以上にイベント限定アイテムが充実しています。

一番の注目アイテムは、カラフルな色柄が人々を魅了する魔法の毛糸『オパール』。KFSオリジナル定番毛糸はもちろんのこと、新作毛糸やイベント限定アイテムを多数取りそろえました。この他にも各種編み物キット、そして腹巻帽子を始めとするニット製品が大集合します。新刊書籍掲載作品の展示も要チェック! 松屋銀座に広がる「しあわせを編む仲間」の輪へどうぞご参加ください。

さらにイベント開催にあわせて、遠方や外出が難しい方のためにマルティナさんおすすめのセット商品をインターネットショッピングにて販売いたします。*限定数の商品は売り切れ次第、終了となります。

「~しあわせを編む~ マルティナさんと魔法の毛糸フェア」
会 期:2021年2月23日(祝・火)~3月3日(水) 会期中無休
時 間:開場時間は松屋ウェブサイトをご確認ください。(最終日は17時閉場)
会 場:松屋銀座8階イベントスクエア
主 催:松屋銀座
企画協力:スークカンパニー
入場料:無料
問合せ:松屋銀座03-3567-1211(大代表)

※営業日・営業時間が変更になる場合がございます。
※混雑時は、お待ちいただく場合や整理券を配布する場合があります。

【梅村マルティナ プロフィール】
1987年医学研究者として来日ドイツ語講師として働きながら制作していたドイツ製『オパール毛糸』を使ったニット作品が評判に。東日本大震災直後、東北各地の避難所に毛糸を送ったことがご縁となり、2012年3月に「梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ(KFS)」を設立。毛糸の輸入販売、ニット製品の製造販売を手掛ける。

マルティナさん人形(非売品)マルティナさん人形(非売品)
<お取り扱い商品>
■オパール毛糸
カラフルな色柄が人々を魅了する魔法の毛糸『オパール』。イベント限定アイテム、試作品等 数量限定レアアイテムも多数。新作コットン毛糸もこのイベントに合わせて登場いたします。

オパール毛糸オパール毛糸
■ニット製品
実用性抜群のハンドウオーマー「モグラグラブ」、KFSイチ押しアイテム「腹巻帽子」等、オパール毛糸のニットアイテムを多数ラインアップ。巣ごもり期間中にマルティナさん自身が無心で編み続けた「マルティナさん自作腹巻帽子」も取りそろえます。

ニット製品ニット製品
腹巻帽子(使用例)腹巻帽子(使用例)
■編み針
編み目がきれいにそろうとヨーロッパで評判の四角い編み針に、輪針の仲間が新登場! 40cmは腹巻帽子に、80cmはマジックループにぴったり!

編み針編み針
■ボッティーズ
ドイツの伝統工芸であるルームシューズ制作を手軽に楽しめるスタイリッシュなアイテム『ボッティーズ』。フローリングのルームシューズとしてだけでなく、オフィスで使用するシューズとしてもおススメです。数量限定赤色バージョンも日本初登場!

ボッティーズ(完成例)ボッティーズ(完成例)
ボッティーズ(限定赤色)ボッティーズ(限定赤色)
■書籍
ちょっと太めの並太毛糸「ぽっちゃり君」を中心に使い、マルティナさんの編み物の原点ともいえるソックス、ドイツで出会ったソールを使ったルームシューズ、寒い季節に体を温めてくれるレッグウォーマーの編み方を収録。

『マルティナさんのカラフル糸で編むレッグウェア』 梅村マルティナ著/NHK出版 1,870円(税込)『マルティナさんのカラフル糸で編むレッグウエア』
梅村マルティナ著/NHK出版 1,870円(税込)

<インターネット販売>
■インターネットショッピングを実施!
イベント開催にあわせて、遠方や外出が難しい方のためにマルティナさんおすすめのセット商品をインターネットショッピングにて販売いたします。*限定数の商品は売り切れ次第、終了となります。

【販売期間】2月23日(祝・火)-3月3日(水)
*お届けは、3月上旬~中旬を予定しております。

松屋 外商セレクトMGオンライン ⇒ https://www.welci.jp/matsuya/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ