行方ひさこが新宿伊勢丹でポップアップイベントを初開催! 「時」をテーマに各地の銘品逸品を展示販売

開催日:2021.02.03-02.18
2021.01.25

伊勢丹新宿店で、ブランディングディレクター 行方ひさこ氏の初のPOPUPイベントを開催します。行方氏自身が日本各地をして出会った、世代を超えて受け継がれてきたものや人の目に触れずに長い間眠っていたものなど、「時」をテーマに各地の銘品逸品を展示販売いたします。近年、世界的な注目を集める「サステナビリティ」を日本に古来から伝わる独自の文化と視点を基に行方氏が解釈し、これからの生き方にヒントを与えるイベントです。

会期:2月3日(水)~2月18日(木)
会場:伊勢丹新宿館4階 ザ・ステージ#4

【URL】
https://www.mistore.jp/shopping/feature/women_f3/prime_w.html

日本の美意識を行方ひさこ氏の感性を通してご紹介
古来からの伝統の技法を用いたや金継など、「作家から受け継いで使うごとに自分のものにしていく」日本の美意識を行方氏の感性を通してお伝えします。

参加作家・ショップの一例 ※順不同
開化堂:用と美を兼ね備えた手作りの筒。創業は明治8年、製法も100年以上変わらず、一つづつ手作りにこだわっている。茶筒の販売と約100年前から使用されている経年変化をした茶筒の展示いたします。

文祥窯: 400年前、日本で磁器を生み出した陶工達の思いと向き合い、昔ながらの技法を継承し、「文祥窯」らしい器づくりを目指している佐賀県の文祥窯。初期伊万里と同じ泉山陶石を使いながらも現代的な美も兼ね備えてます。今回は長い間人の目に触れなかった作品を中心に販売いたします。

堤淺吉漆店:金継ぎとは、傷をなかったことにするのではなく、歴史として受け入れ、新しい調和を生み出す、室町時代頃から伝わる日本ならではの修復技術。明治42年、京都に創業した堤淺吉漆店より「金継ぎコフレ」を販売いたします。

他にも二階堂明弘氏、keicondo氏、岩崎龍二氏、宮城正幸氏、ハタノワタル氏などの作品を販売いたします。

行方ひさこ氏 プロフィール


ブランドの本質を明らかにする問いを立てながら、一貫したコンセプトワークを行い、「個性=らしさ」を引き出しブランドの価値を創り上げるブランディングディレクター。ファッションブランドやライフスタイルブランドのディレクション、会社経営などの経験を生かし、地方創生・工芸・食やライフスタイルなど幅広い分野で活動中。ニュートラルなマインドでコミュニケーションの仕組みをつくる。

*イベントの内容が都合により変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。
変更などが発生した場合は、プライムガーデンの公式インスタグラムにて発信していきます。
@prime_garden_isetan_shinjuku



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ