知られざる「海の京都」の魅力を再発見。井浦新ら7人のクリエーターが京都旅で出会った“いいもの”を紹介

2016.03.27

の神のふるさと”と言い伝えられる京都府北部の丹後・丹波地方の魅力が詰まったムック『海の京都』の世界を紹介する「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が、3月30日から4月4日までジェイアール京都伊勢丹10階の催物場で開催される。

稲作や日本酒の発祥の地という説も残る「海の京都」エリアは、京都府北部の宮津市、京丹後市、舞鶴市、綾部市、福知山市、与謝郡与謝野町、与謝郡伊根町の7市町からなる地域。同展では、日本の食とものづくりの源流ともいえる海の京都エリアを日本の上質なヒト・コト・モノを発信する雑誌『Discover Japan』が取材・編集した3月25日発売のムック本『ディスカバー・ジャパン トラベル 海の京都』の世界を、各地をしたクリエーターの写真や映像などを用いて紹介する。

今回各地を旅したクリエーターは、宮津市をアートディレクターの北川一成、京丹後市をミュージシャンのゴンチチ、舞鶴市を芸術家の日比野克彦、福知山市を狂言師の茂山逸平、綾部市を華道家元の池坊専好、与謝野町を和紙作家の堀木えり子、伊根町を俳優の井浦新の7名。その他、綾部市で約800年続くといわれる手漉き和紙「黒谷和紙」や古代米を使った向井酒造ロゼ色の日本酒「伊根満開」、旧日本海軍時代から続くノスタルジックな街並みの舞鶴赤レンガパークのオリジナルグッズなどが販売される。

3月30日の15時からは、海の京都探訪事業プロデューサーの立川直樹と『あまから手帖』編集顧問の門上武司によるトークショーが開催される。

海の京都に脈々と流れる、食からプロダクトまで、素材を活かした“いいもの”との出会いを楽しめるイベントとなっている。
HEW
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
  • 「Discover Another KYOTO~海の京都、再発見~」が開催
ページトップへ