新宿伊勢丹で“お花見”感じる京都展スタート。舞妓はんお気に入りパフェ、絶品下鴨茶寮弁当も!

2016.03.25

伊勢丹新宿店では3月23日から28日まで、京都老舗グルメ雑貨が一同に集まるイベント「京都歴代のれん市」を同店館6階催物場で開催中。テーマは「お花見」。会場ではお花見をしながらの絶品スイーツや贅沢弁当をはじめ、お花見に持参したい優美なアイテム等が紹介されている。

1856年創業の歴史と伝統に彩られた京料理の老舗、下鴨茶寮からは「離宮御前」(伊勢丹新宿限定 各日50限定 2,000円)が登場。筍ごはんの横には春を思わせる野菜がふんだんに盛り付けられ、海老や帆立なども入った贅沢弁当だ。随所にの花びらの演出もあり、京の風情を感じさせる逸品に仕上げられている。

家傳京飴 祇園小石(かでんきょうあめ ぎおんこいし)からは、宇治抹茶たっぷりの爽やかレアチーズの贅沢なパフェ「舞妓はんのお気に入りパフェ お濃茶仕立て」(伊勢丹新宿店限定 各日100食限定 1,250円)が目玉メニューとしてエントリー。このほかにも、初登場の五建外良屋(ごけんういろや)の「花見ういろ」(161円)は、桜、白、抹茶の3種類の味が楽しめる生ういろは、同店の「大玉みたらし団子」(5本入り 800円)と合わせて、お花見弁当を食べた後に味わいたいお花見スイーツだ。

また、会場には“茶屋”を思わせるイートインコーナー「京洛茶屋」も特設され、いづうの「鯖姿寿司」(4貫 1,500円)や、とり松の「網野名物 ばらちらし」(吸物付き 850円)、文の助茶屋の「花いかだ」(伊勢丹新宿店限定 各日30食限定 800円)、豆乳をベースとした松葉の「若菜そば」(900円)などを堪能することができる。また、三嶋亭の「牛しぐれ弁当」(1,800円)、いづ萬の「桜小町かまぼこ」(各日各15点限定 500円)も実演販売されている。

お花見に持参したい“雑貨アイテム”も豊富にラインアップ。市原平兵衞商店の「みやこはし すす竹」(4,400円)は、丈夫なすす竹を使用した手作りの箸。お花見時に「竹箸箱」(3,800円)とセットで持参すれば、京を感じる優美なお花見時間を演出できるかもしれない。布小物を取り扱う一布や(いっぷうや)の「保冷バッグ」(伊勢丹新宿店限定、30点限定、2,779円)は保冷巾着付きのバッグで、お花見弁当を入れるのにもぴったりだ。

竹製品を扱う御池は、青竹色に塗装された竹製の「若竹酒」(2,800円)や「ぐい飲み」(1,200円)を発売。日本酒で花見酒を嗜むのも一興だろう。

このほか、会場担当者が推奨する珍しいアイテムも満載。桜の香りを楽しむことができる緑茶ティーバッグ(3g×10パック 50点限定 600円)や山田製油の「ごまドレッシング」(50点限定 800円)、桜の花びら柄の清水焼陶器に入った七味家本舗の「焼きしめさくら」(七味15g 1,650円)、茶葉が出なくて注ぎやすいという清雅堂陶苑のペリカン急須(10点限定 1万2,000円)なども展開されている。
編集部
  • 下鴨茶寮「離宮御膳」
  • とり松「ばらずしと春穴子の桜香巻」
  • 家傳京飴 祇園小石(かでんきょうあめ ぎおんこいし)「舞妓はんのお気に入りパフェ お濃茶仕立て」
  • 文の助茶屋「花いかだ」
  • いづう「鯖姿寿司」
  • 松葉「若菜そば」
  • 五建外良屋(ごけんういろや)「大玉みたらし団子」
  • 「京都歴代のれん市」会場の様子
  • 下鴨茶寮の実演販売の様子
  • 京ういろ 五建外良屋
  • 鯖姿寿司いづう
  • 文の助茶屋
  • 文の助茶屋のわらび餅
  • 三嶋亭
  • いづ萬
  • 市原平兵衛商店の竹箸箱
  • 布小物 一布や
  • 竹工芸品 御池
  • 胡麻油 山田製油
  • 七味唐がらし 七味家本舗
  • 清水焼 清雅堂陶苑
  • イノダコーヒー(写真手前)「春キャベツのイタリアン」、(右)「レモンパイ」、(奥)「クラブハウスサンド」、(左)「ホットコーヒー“アラビアの真珠”」
  • イノダコーヒー
  • 聖護院八ッ橋総本店
  • 笹屋伊織
  • 京野菜 かね正
  • 京漬物 川勝総本家
  • 宇治茶 福寿園
  • 京風桶 おけ庄
ページトップへ