新年を祝うフランスのお菓子。セバスチャン・ブイエはベーシックなガレット・デ・ロワ

2020.12.19
フランス・リヨンと日本で活躍するパティシエセバスチャン・ブイエは、ガレット・デ・ロワを2021年1月の各店オープン初日から販売いたします。12月18日から12月29日までの期間は、各店頭でご予約も承ります。


「王様の丸い焼きもの」を意味するガレット・デ・ロワ。
特に1月6日の公現祭(エピファニー)には、フランスのパティスリーやブーランジェリーがガレット・デ・ロワ一色になります。中にはフェーブと呼ばれる陶器製のチャームが入っていて、切り分けたガレット・デ・ロワの中からこのフェーブが出てきた人は、王冠をかぶり王様(女王様)になってその日一日祝福されます。
※セバスチャン・ブイエのガレット・デ・ロワは、中にはフェーブの代わりにアーモンドを入れ、フェーブを別添えでご用意しております。

リヨンでも愛されるベーシックなガレット・デ・ロワ、それが一番美味しい!


ガレット・デ・ロワはシンプルですが、パティシエの技術が問われるお菓子。セバスチャン・ブイエでは、トラディショナルなガレット・デ・ロワをご用意いたします。

アーモンド生地と、それに負けない力強さのあるフィユタージュを高温のオーブンで焼きこんで、フィユタージュの軽やかさと、中のアーモンド生地のしっとりとした食感を出しています。焼き上がってすぐ熱いうちに天面にシロップを塗って、美しいツヤと、バリッと割れ落ちるような食感のあるガレット・デ・ロワが出来上がります。

可愛らしいフェーブにも要注目です


フランス語で空豆を意味する「フェーブ」。もともと乾燥した豆を使用していましたが、今では陶製のチャームが用いられます。

今年のテーマは"les contes = おとぎ話"。物語に登場する人形やガラス、王冠など、楽しい8種類の中から1つ、フェーブをお付けしています。
※フェーブはお選びいただけません。
※フェーブと紙製の王冠を別添えでお付けいたします。

【販売期間】
各店舗の1月初日~1月中旬予定
※店舗により新年の営業開始日が異なります。詳細は各百貨店のHPをご覧ください。

【予約期間】
12月18日(金)~12月29日(火)
各店頭でご予約を承っております。

【販売店舗】
伊勢丹新宿店西武池袋店、阪神梅田本店、伊勢丹立川店

Sébastien Bouillet / セバスチャン・ブイエ


セバスチャン・ブイエは、フランス・リヨンに本店を構えるパティシエ兼ショコラティエ。遊び心たっぷりのアートセンスと、お菓子としての美味しさを徹底的に追求し、独創性の高いスイーツを提案し続けています。

美味しくて、楽しいスイーツを日本の皆様へ。進化し続けるセバスチャン・ブイエのスイーツを是非お試しください。

☆公式HP(Japan): http://www.bouillet.jp/
☆公式Instagram(Japan): https://www.instagram.com/bouillet_japon/
☆公式Twitter(Japan):https://twitter.com/bouillet_japon



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ