【おしゃれなあの人のおうち時間】モデル・植村麻由の「シンガロング」で楽しむ、おうちカラオケ

2020.12.04


モデルインタグラマーとしておしゃれ感度の高い人たちから注目されている植村麻由さん。ファッション旅行音楽が好きで、自身のインスタグラムInstagram)にはスポティファイSpotify)のお気に入りプレイリストを投稿するほどの音楽ファンでもあります。

そんな植村さんに、おうちでの音楽の楽しみ方と、スポティファイの新機能「シンガロング(Sing Along)」を使ってみた感想を伺いました。そんなアプリ限定記事の一部をご紹介します!


ほっとリラックス
癒しのおうち時間は、音楽と一緒に

「Spotifyは普段から利用しています。特に、仕事場へ向かう移動中は欠かせない存在です。
今年は、音楽イベントやフェスが中止になってしまったので、おうちでも音楽に浸るようになりました」(植村さん)


おうちでの音楽の楽しみ方として、好きなアーティストのレコードを流すこともあるという植村さん。最近引っ越しをした植村さんの新居には、レトロさ溢れる「アイオンオーディオ(ION Audio)」のレコードプレーヤーが設置されていました。


おしゃれカフェのような音楽ブース。色々なアーティストのレコードが並べられていて、特に左上の「H.E.R」がお気に入りだそう。


H.E.R / H.E.R




「自宅でスポティファイを利用する時は、テレビに接続して楽しむことが多いです。
スポティファイで新しいアーティストを発掘して、そのままYouTubeに切り替えてライブ映像をみたり、テレビの前で踊ることもあります(笑)」(植村さん)

「Spotifyでよく聞くプレイリストは、『Low-Key』『Next Wave Neo-Soul』『Discover Weekly』です。
ジャズやヒップホップ、R&Bなどが好きなので、洋楽が多いですね」(植村さん)


Low-Key




Next Wave Neo-Soul




「おうちで料理や掃除をする時は、ジャズ系の洋楽が多いですが、仕事に行く時などの移動時間は、
トゥワイス(TWICE)やブラックピンク(BLACK PINK)などのK-POPを聞いて、心の中で歌いながらテンションを上げています」(植村さん)

「スポティファイには『メイドフォーユー(Made for you)』機能があって、自分が過去に聞いたアーティストやプレイリストの履歴をもとに、似た系統の音楽をおすすめしてくれるんです。自分の知らなかったアーティストや、好みの曲と出会うことがよくあるので、一番利用しています」(植村さん)

「シンガロング」で楽しむ、おうちカラオケ


音楽を聞くことだけではなく、歌うことも大好きな植村さん。なかなかカラオケに行けないこのご時世に、おうちでもカラオケ気分を楽しめるスポティファイの「シンガロング」機能を利用してもらいました。

オンラインで友達と話す時もBGMに好きな音楽を流すことで、その場が盛り上がることも多いのだそう。
「カラオケでよく歌うのは90年代のJ-POPが多くて、好きな邦楽プレイリストも作っています。
シンガロングを利用する時は、洋楽より邦楽プレイリストから選びます」(植村さん)


植村さんがセレクトしたカラオケ プレイリスト「Good Old Days」





今回は、UAの『情熱』をセレクト。


歌詞が表示される箇所をタップし、マイクボタンをオフにすれば完了。マイク(アーティストの歌声)のボリュームを0にすると、アーティストの声が完全に消えてサウンドだけになります。


「これからのシーズン、忘年会やクリスマスパーティーなどに使えるなと思いました。また、おうち時間でのストレス発散や、一人カラオケの練習にもなりますね。年末年始に向けてホームパーティーが増える方も多いと思うので、ぜひシンガロングでおうちカラオケを楽しんで欲しいです!」(植村さん)

FASHION HEADLINEのアプリ版では、植村さんのルームコーデもご紹介! ぜひ、チェックしてみて。
>>全編記事はこちら<<


植村麻由
BARK in STYLe所属のモデル。ファッションと旅行が好きで、自身のInstagramにはコーディネートや旅行先での映える写真を投稿。Spotifyのお気に入り曲も公開中。
Instagram:@maaaaayu0916



堀越 なつめ
    ページトップへ