邸宅と呼ぶにふさわしい、海外でも通用するハイエンドな新築一戸建てが南麻布に誕生!

2020.11.18
グラヴィタス有栖川外観グラヴィタス有栖川外観
ハウジング・ジャパン株式会社は、2000年10月に創業以来、日本に駐在する海外の方々や海外の投資家と日本の不動産市場との橋渡し役として活動してまいりました。当社では、この度、富裕層向け不動産総合サービスとして20年間培ってきた実績と知識に基づいて提供する、海外でも通用するハイエンドな新築一戸建て邸宅「グラヴィタス有栖川」を販売いたします。オープンハウスも開催予定でございますので、ぜひ、この機会に弊社の真髄をご体感ください。

「グラヴィタス有栖川」
「グラヴィタス有栖川」は、都心の一等地、南麻布に所在し、訪れた人を魅了する美しいエントランスアトリウム、高い天井のリビングルームや広々としたルーフテラス、3台の車が収容できるフラットアクセスガレージ、そして、地下にはサンクンガーデンからの柔らかい光を感じながら、穏やかな時間を過ごせるエンターテイメントスペースとコレクションルームも備えています。他で見る事の出来ない圧倒的なスケールとクオリティーをもった邸宅と呼ぶにふさわしい企画をいたしました。お客様への紹介・案内も物件のすべてを知り尽くした弊社で承ります。
(HPはこちら:https://gravitas-arisugawa.com/ja/ )

https://youtu.be/TKlsaaWTjkk
グラヴィタス有栖川外観グラヴィタス有栖川外観
最上階の壮大でオープンスタイルなリビングダイニング最上階の壮大でオープンスタイルなリビングダイニング
3台の車が収納できるフラットアクセスガレージ3台の車が収納できるフラットアクセスガレージ
パノラマビューが広がるルーフテラスパノラマビューが広がるルーフテラス
詳細
https://gravitas-arisugawa.com/ja/

所在地:東京都港区南麻布3-8-2
敷地面積(公簿): 181.91 平方メートル
延床面積:449.64 平方メートル
接道:北側 公道 幅員4.3m
建物構造:鉄筋コンクリート造 地下1階地上3階建
竣工: 2020年9月
B1F: 109.76 平方メートル / 1F: 109.76 平方メートル / 2F: 109.10 平方メートル / 3F: 109.10 平方メートル / PHF: 11.92 平方メートル
間取り:4LDK + 多目的室 + ルーフテラス (室内エレベーター有)
価格:12億8000万円(税込)
取引態様:媒介

来る11月21,22,23日にオープンハウスを開催いたしますので、見学ご希望の方は、お電話あるいは下記のフォームよりご予約ください。

TEL:03-3588-8860
お問い合わせフォーム:https://gravitas-arisugawa.com/ja/#inquiry

《GRAVITAS》について
ハウジング・ジャパン株式会社が、富裕層向け不動産総合サービスとして培ってきた実績と知識に基づいて提供するグローバルスケールのハイエンドな「都心における真の邸宅」ブランド。ブランド名である“Gravitas” は、恒久的に厳粛で上品である様を表す意味を持ち、モダンでスタイリッシュなデザインの中にも邸宅と呼ぶにふさわしい要素を満たすものとして名付けました。多様性に富む東京都心において、世界で活躍する人の英知を養う拠点となってほしいという思いから、情熱をもってオンリーワンの住まいづくりを目指しています。

ハウジング・ジャパン株式会社について
2000年10月5日、港区東麻布にて外国人向け不動産仲介業務をスタート。2005年売買事業部を立ち上げる。2008年リフォーム販売業務を開始。2010年には不動産管理事業部、オフィス賃貸仲介業、不動産投資部を立ち上げ、その後、シンガポール現地法人(2016年)を設立し、包括的な不動産サービスを提供している。株式会社トランクルーム(2018年)、Alt-Stay株式会社(2020年)も運営。

社所在地:東京都港区麻布台1−11−9
TEL:03-3588-8860(代表)
東京都知事免許(1)第98912号
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会加盟
English:http://housingjapan.com/
日本語:http://housingjapan.co.jp/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ