視認性の高いアラビア数字のインデックス。ドイツの腕時計ブランド「ドゥッファ」からシンプルな機械式時計が登場

発売日:2020.10.20
2020.10.18
ドイツ腕時計ブランド『ドゥッファ(DUFA) 』の日本総代理店を務める、株式会社ウエニ貿易が、視認性の高いシンプルな機械式時計、『ブロイヤー・オートマティック』を10月20日に発売します。
https://deutsche-uhrenfabrik.jp/


ドゥッファ(DUFA) の『ブロイヤー・オートマティック』は、視認性の高いインデックスが実用的な、スリムでシンプルな機械式時計のコレクションです。

視認性の高いアラビア数字のインデックスを採用しており、エンボスの秒目盛も所有者にははっきり見えます。また、裏蓋は半円型スケルトンバック仕様で、ムーヴメントの動きが堪能できます。さらに、薄型ケースがドーム型ガラスと融合し、モダンデザインを引きたてます。

女性らしい雰囲気を引き立たせてくれるアイボリーの文字盤にベージュのレザーベルトの組み合わせと、落ち着いたクールなイメージを演出するブラックの文字盤にグレーのレザーベルトの組み合わせの2色を展開します。


【『ブロイヤー・オートマティック』 の商品特徴】

1.視認性の高いアラビア数字のインデックス

ドゥッファが得意とする「視認性」。エンボスの秒目盛も所有者にははっきり見えます。


2.半円型の裏蓋スケルトン
裏蓋は半円型スケルトンバック仕様で、ムーヴメントの動きが堪能できます。ローターには、ドゥッファのアイコンが刻まれています。


3.腕元を上品に演出するモダンデザイン
薄型ケースがドーム型ガラスと融合し、モダンデザインを引きたてます。見る角度によって様々な表情を楽しめます。


【『ブロイヤー・オートマティック』 の販売概要】

■商品名:ブロイヤー・オートマティック
■品番:DF-9011-0A/DF-9011-0B
■価格:各5万円+税
■販売場所:百貨店・時計販売店・セレクトショップ・DUFA公式オンラインストア
■発売会社:株式会社ウエニ貿易
■公式サイト:https://deutsche-uhrenfabrik.jp/





【『ブロイヤー・オートマティック』のモチーフ】

1.バウハウス(1919年~1933年)

1919年にドイツで設立された工芸写真・デザインなどを含む美術と建築の総合教育学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともあります。史上最も重要なデザイナー達に美学の基礎を創造し、この世のデザインや作品を影響し続けるデザイン研究所と位置付けられています。優れたデザインは大量生産され、今なお多くのデザイナーや建築家にその技術や思想が受け継がれています。

2.マルセル・ブロイヤー
ハンガリー出身のモダニズム、建築家、家具デザイナー。代表作は曲げた金属パイプを使用した『ワシリー・チェア』。モジュール構造と単一形態の重要性を提示したモダニズムの父のひとりです。

【DUFAとは】
1864年にオルゴールや時計のムーブメントを作る会社として創業し、1920年代にドイツの時計市場で有名になりました。後にドゥッファは、「休暇の州」として穏やかな町並みで有名なテューリンゲン州ヴァイマールに発祥したデザイン学校「バウハウス」の遺産を継承し、シンプルで無駄のない時計コレクションを開発しました。機能美を追究した腕時計コレクションは、精密製造最高峰としての誇りとドイツ時計らしい質実剛健な信念を感じさせる時計として親しまれています。ブランド名は、Deutsche Uhrenfabric(意味:ドイツ時計工場)に由来しています。


【ブランドの特徴】
1.ドイツ時計史を代表した時計ブランド

1920年代のドイツ置時計・掛け時計産業において、DUFAは最高峰のブランドとしてその名を轟かせました。ウォッチに移行した今なお、ファンを魅了し続けています。

2.シンプルで無駄のないバウハウスデザイン
「一切の無駄の排除」を提唱したドイツの名門デザイン校バウハウスの巨匠をテーマにデザインされています。

3.MADE IN GERMANY
ドイツ製の高品質の条件を保ちながら、3~5万円代を中心とした価格帯。
ドイツ製の時計は高単価のブランドが多い為、国内流通で他に競合の少ないコストパフォーマンスが魅力とされています。

【ウエニ貿易】
時計、ファッション雑貨フレグランス等のブランドを取り扱う専門商社です。海外ブランド品の輸入卸において業界ナンバーワンのシェア(※)を持っています。輸入卸として培ってきた実績とノウハウを礎に、日本正規代理店・オリジナルブランドの事業を拡大。ヴェルサーチェウォッチやヘンリーロンドンの日本総代理店を務める一方、メーカーとしてエンジェルクローバーやペッレモルビダを開発する等、幅広いビジネスモデルで多数のブランドを展開しています。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ