カンペールがポップトレーディングカンパニーとコラボ! 都会的な個性を備えたモダンなチェルシーブーツが登場

2020.10.14
スペイン・マヨルカ島発のシューズブランドCamper(カンペール)とアムステルダムのスケートファッションブランドPop Trading Company(ポップ トレーディング カンパニー)は、2020年春夏に大好評を博したコラボレーション第一弾に続いてこの秋、2つのスタイルを発売開始します。

今回の第二弾では、現代的&都会的なユニセックススタイルとしてActive Runner(アクティブ ランナー)モデルを2色のモノクロカラーで展開、そしてスケーティング後に履く理想的なブーツとしてクラッシックなモデルのHardwood(ハードウッド)を3色で提案します。


カンペールのコンセプトの一つ「Before & After」(トレーニングの前後に履くためのシューズ)というアイデアを踏襲してポップトレーディングカンパニーが提案するのは、オリジナル定番商品「ランナーXL」が近未来型に進化したActive Runner(アクティブ ランナー)です。

第一弾と同じXL EXTRALIGHT(R)(XL エクストラライト(R))ソールとレトロなシェイプが特徴的なスニーカーで、柔らかいパフドレザーが快適な履き心地を約束し、リフレクトパイピングがテクニカルな印象を与える、実用性とデザイン性を兼ね備えたモデルになっています。


もう一つのスタイルHardwood(ハードウッド)は、クラシックなメンズシューズにインスパイアされたデザインでありながら、耐久性を高めるトリプルラバーウェルトなどユニークな機能をも備えた冬のベーシックアイテムとなり得るブーツです。

ビブラム製アウトソールによるプロテクションとグリップにより、耐久性とクッション性は全く問題なし。サイドゴアにテクニカルテキスタイルを使用し、プルトップ周りにエラスティックゴムをあしらったスポーティなディテールにより、都会的な個性を備えたモダンなチェルシーブーツに仕上げました。

アッパーにはプレミアムヌバックレザーを使用し、インディゴ×ラベンダー、オリーブグリーン×ブラック、グレーブラウン×ブラックの3つのモダンなカラーバリエーションがそろったメンズモデルとなっています。

【 Pop Trading Company 】
2013年に創業したポップトレーディングカンパニーは、アムステルダムを拠点とする、現代的なメンズウエアと独自のスケートボードカルチャーを融合させたスタイルのブランドです。当初は、ベネルクス・マーケットで様々なスケートブランドを取り扱うディストリビューターとして設立されましたが、2016年秋冬シーズン、ピーター・コークスとリック・ヴァン・レストによってオリジナルラインをローンチしました。レッドライト地区に店舗を構え、アムステルダムのスケートカルチャーのパイオニアとして、スケーターやアーティストフォトグラファーと共に様々な活動を積極的に行っています。


【 CAMPER 】
スペイン・マヨルカ島で生まれたプレミアム・カジュアル・フットウエアブランド「カンペール」。地中海の豊かな自然にインスパイアされた先進的なデザインと、職人のクラフトマンシップに最先端イノベーションが融合して生まれた極上の履き心地が、「歩く」という移動手段を「楽しくて幸せな時間」へと昇華します。カンペールを履いて、いつもよりちょっぴり幸せな非日常の世界へ。Walk, Don’t Run.

カンペールジャパン公式:https://www.camper-japan.jp/
カンペールジャパン公式インスタグラム: https://www.instagram.com/camper_japan/

Active Runner - Women -




ホワイト:K201047-003
ブラック:K201047-004
2万3,000円(税抜)

Active Runner - Men -



ホワイト:K100580-004
ブラック:K100580-005
2万3,000円(税抜)

Hardwood -Men-


グレーブラウン×ブラック:K300365-002
インディゴ×ラベンダー:K300365-001
オリーブ×ブラック:K300365-003
3万2,000円(税抜)



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ