老舗茶舗福寿園による茶寮FUKUCHAより秋冬限定メニュー「マロンと宇治茶」が登場

2020.09.23
JR京都駅中央口すぐに立地する老舗舗「福寿園」による「茶寮FUKUCHA」では、こだわりの宇治茶にぴったりの季節感あふれるフルーツを使ったスイーツ5品を期間限定でご提供いたします。抹茶やほうじ茶のマロンパフェは一日10食ずつの限定メニュー。栗ほうじ茶最中、お茶モンブラン、抹茶甘酒しるこの3品は、テイクアウトにも対応し、戸外やご自宅でも召し上がっていただけます。是非、秋の京都とともにお楽しみください。

<マロンと宇治茶>
販売期間/10月1日(木)~2021年1月5日(火)予定
提供時間/10時~18時


●抹茶マロンパフェ(写真左)
ほのかな苦味を感じる抹茶クリームをアクセントに栗の素朴さを引き立て、中に白桃、赤エンドウ、白玉、水まんじゅうとわらび餅、抹茶蜜を忍ばせた、お茶の彩り豊かなパフェです。
1200円(限定10食/日)

●ほうじ茶マロンパフェ(写真右)
栗の風味を引き立てるほうじ茶クリームに、イチジク、赤エンドウ、白玉、水まんじゅうとわらび餅、ほうじ茶蜜を忍ばせた、秋を感じるパフェです。
1200円(限定10食/日)


●栗ほうじ茶最中
栗と相性が良いこだわりの粒あんに、香り豊かなほうじ茶のチョコレートクリームを合わせ、かわいいおの形の最中に仕立てました。
350円(イートイン、テイクアウト対応)


●お茶薫モンブラン
和栗とフランス産栗をバランスよく組み合わせたモンブランクリームに、抹茶のほのかな苦味と風味がアクセントになるFUKUCHA自慢のモンブランです。
600円(イートイン、テイクアウト対応)


●抹茶甘酒しるこ
自然な甘さの甘酒に抹茶の風味をプラスし、相性の良い栗やサツマイモ、黒豆や水まんじゅうと合わせて、素朴でコクのある甘酒に仕立てました。
700円(イートイン、テイクアウト対応)

※表示価格は税抜き価格です。


<シェフパティシエ
映(すぎもと えい)
子どもの頃から料理に親しみ、大阪の製菓専門学校で菓子づくりの基礎を学ぶ。京都のパティスリーホテルでシェフを歴任。2019年、茶寮FUKUCHAオープンに伴い、シェフパティシエとして就任し、宇治茶の魅力を最大限に活かしつつ、テーマや世界観を大切にしたスイーツづくりへの挑戦を続けている。


販売店舗/茶寮FUKUCHA(さりょう ふくちゃ)
住所/京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル
東塩小路町901 京都駅ビル 中央口2階
営業時間/8時30分~21時(ラストオーダー20時30分)
定休日/不定休
※9/23現在、閉店時間は19時(ラストオーダー18時30分)に短縮しております。今後社会情勢等により、臨時休業や営業時間の変更の可能性があります。ご了承ください。
TEL/075-744-0552
ホームページ/https://fukucha-fukujuen.com/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ