スターバックスから、アートなリユーザブルカップが登場。オリジナルノートの新色も

開催日:2020.09.02
2020.08.26
スターバックスから、新作のリユーザブルカップと、ミルクパックをリサイクルした「スターバックスキャンパスリングノート」の新色が発売される。

今回発売されるリユーザブルカップは、このアーティスティックなプリントが印象的な4種類。
昨年秋に実施された参加型の「アートカップコンテスト」の受賞者3名と、スターバックスのGAHAKU(※)1名による計4種類のデザインを、ポリプロピレン製の樹脂でつくられた「リユーザブルカップ」にプリントし、販売。

これらのリユーザブルカップは、9月2日より順次展開。第1弾は、写真中左の「リユーザブルカップホエールシャーク」。海の楽しい仲間たちがサイレンのまわりを気持ち良く泳いでいる元気が湧いてきそうなイラストレーション。

第2弾は、写真左の「リユーザブルカッププランツ」。9月9日より販売開始。伸び伸びとした熱帯植物インスパイアされたデザインで、落ち着きのある色合いが、ゆったりとした気分にしてくれる。

第3弾は、写真中右の「リユーザブルカップサイレンテイル」。9月16日より販売開始。スターバックスの象徴であるサイレンが隠されていて、歌声が聞こえてきそうなデザイン。

第4弾は、写真右の「リユーザブルカップコーヒーチェリー」。こちらは、GAHAKUによるデザインのもので、9月23日より販売開始。コーヒーの木の繊細で艶やかな色合いの葉と実を表現した秋の深みを感じられそうなグラフィックがすてき。

コレクションカップは、各350円(473ml)。取り扱いは、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)および、スターバックス オンラインストアにて。売切れ次第終了となるので、気になるものがある人は、お見逃しなく!

(※)GAHAKU:チョークアートの描き方や、新商品のアートを事前に描いて社内共有するなど社内で啓蒙活動を行っている店舗勤務のパートナー(従業員)。1年に1回開催する選考会で全国のスターバックスから選ばれた16人。2020年8月現在で7代目。

続いて、オリジナルノートの新色をご紹介。

ミルクパックをリサイクルした、サステナブルな「スターバックスキャンパスリングノート」に新色登場!
昨年の秋「キャンパス(Campus)」とのコラボレーションにより誕生した「スターバックスキャンパスリングノート」。大好評につき、今年も登場。今回、新色のピーチピンクとネイビー、そして、昨年人気だったグレーを加えて発売される。

この「スターバックスキャンパスリングノート」は全国のスターバックス店舗で、お客さんにドリンクを提供した後のミルクパックをパートナー(従業員)が、毎日一つ一つ丁寧に洗い、乾燥し、回収しやすい形にまとめてリサイクルした紙を表紙と裏表紙に使ったノート。

スターバックスでは、2010年よりミルクパックのリサイクルに取り組み、その量は年間1,000トンにのぼる。ミルクパックをごみではなく資源として捉えなおし、大切に次の命を吹き込んでいく。「人の手から手へ」想いとともにミルクパックは姿を変え、ノートとして生まれ変わり、再びお客さんの手元に届く。9月6日には、リサイクルの様子を収めた動画の公開も予定されている。。

サステナブルな未来をお客さんと一緒に描きたいという、スターバックスとコクヨの想いが込められた同コレクションは、9月2日より発売。

カラーラインアップは、「ホワイト」「グレー」「ピーチピンク」「ネイビー」。各480円、すべてA5サイズ。「グレー」「ピーチピンク」「ネイビー」は、なくなり次第終了で、「ホワイト」のみ継続販売となる。

取り扱いは、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)および、スターバックス オンラインストアにて。

(※)「Campus」はコクヨ株式会社の登録商標です。


>>その他のスターバックスの記事はこちらから

編集部
ページトップへ