クラフトビールでブルックリンに革命起こした脱サラ起業家の著書。アメリカ地ビールの歴史綴る1冊

2015.06.09

ブルックリン・ブルワリー創業者スティーブ・ヒンディ著『クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業』が、DU BOOKSより7月3日に刊行される。

近年、”クラフトビール”と”ニューヨーク・ブルックリン界隈”が大きな注目を集めているが、書では、全米で最も成功したと称されるブルックリン発のクラフトビールメーカー「ブルックリン・ブルワリー」の創業者スティーブ・ヒンディが、アメリカの地ビール醸造家らへ自ら取材を行い、それを基にクラフトビールの歴史を綴っている。

少数派の地ビールメーカーらが有名ブランドに挑んでいく起業ものノンフィクションとしても、また食を通じた町おこしの実践例を示したビジネス書としても読みたい1冊だ。

ヒンディはAP通信の元ジャーナリストで、記者時代にビール醸造に目覚めて同社を退社。1986年に設立した「ブルックリン・ブルワリー」がアメリカのクラフトビール市場で10位内に入る人気ブルワリーに成長し、現在ではニューヨーク・ブルックリンの観光名所ともなっている。

書籍情報】
『クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業』
著者:スティーブ・ヒンディ(ブルックリン・ブルワリー創業者)、訳/和田侑子
出版社:DU BOOKS
言語:日本
ソフトカバー/480ペー ジ/127×188mm
発行:2015年7月3日
価格:2,200円
K.H
  • DU BOOKSより「クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業」7月刊行
  • DU BOOKSより「クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業」7月刊行
  • DU BOOKSより「クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業」7月刊行
  • DU BOOKSより「クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業」7月刊行
ページトップへ