緒方慎一郎が手掛ける和菓子店「HIGASHIYA」、その表現を自らが紐解く初著書を刊行

2015.06.11

日本和菓子店「ヒガシヤHIGASHIYA)」の社長でクリエイティブディレクターの緒方慎一郎が、初の著書『HIGASHIYA』を6月中旬に刊行する。

緒方慎一郎は98年に「シンプリシティ(SIMPLICITY)」を設立し、“現代における日本の文化創造”というコンセプトのもと、和食料理店「八雲寮」、「HIGASHI-YAMATokyo」、和菓子店「ヒガシヤ」、プロダクトブランド「Sゝゝ(エス)」などを展開。自社ブランドのみならず、建築インテリア、プロダクト、グラフィックなど多岐に渡るデザインやディレクションを行っている。

同書では、緒方慎一郎が手掛ける和菓子店「ヒガシヤ」にフォーカス。菓子、、空間など様々な角度から、03年の創業以来、「ヒガシヤ」で緒方慎一郎が表現してきたことを自ら紐解いていく。現代における日本文化の創造や次代へと繋がる日本の伝統など、日本のアイデンティティを再認識できる1冊となっている。

また、同書の刊行を記念して6月20日から28日まで、企画展「HIGASHIYA」をポーラ ミュージアム アネックスで開催。様々な角度から日本を表現する緒方慎一郎の哲学が写真と言葉で綴られる。

書籍情報】
『HIGASHIYA』
著者:緒方慎一郎
出版社:青幻舎
言語:日本語
発刊:2015年
価格:3,900円

イベント情報】
企画展「HIGASHIYA」
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所: 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
会期:6月20日~28日
時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
入場無料
HEW
  • 緒方慎一郎の企画展「HIGASHIYA」をポーラ ミュージアム アネックスで開催
  • 「ヒガシヤ(HIGASHIYA)」の社長でクリエイティブディレクターの緒方慎一郎が、初の著書『HIGASHIYA』を6月中旬に刊行
ページトップへ