仏モード誌『ロフィシャル』日本版が再創刊、カバーガールは国木田彩良

2015.06.12

フランスのモード誌『ロフィシャル』の日本版が10月1日に創刊。カバーガールにはモデルの国木田彩良が起用された。

『ロフィシャル』は1921年にフランスで創刊したモード誌。日本では05年に『ロフィシャル・ジャポン』として創刊したが、08年に休刊していた。今回の創刊は新たな体制でのスタートとなり、日本は30ヵ国目の発行国になる。

『ロフィシャル』日本版の編集長は、モデル事務所「ボン イマージュ」の馬淵哲矢。ターゲットには30代から40代の女性を設定されている。“真・善・美”を編集の基ポリシーとし、ファッションビューティーの他、アートやトラベル、、健康まで大人のライフスタイル全般を網羅。フランス本国やアジアを含め、世界30か国以上から提供される記事と、日本独自の取材記事で誌面展開をしていく。価格は780円で、発行部数は約8万部を予定。創刊と同時に電子版もスタートする。

また、カバーガールには小説家の国木田独歩の玄孫、国木田彩良を起用。日本人の母親とイタリア人の父親を持つ国木田彩良は、ロンドン生まれでパリ育ち。「自分のルーツである日本でモデルになりたい」と来日を決意し、14年9月にデビューした。その後は、三越伊勢丹ホールディングスの企業メッセージ「this is japan.」におけるメインビジュアルモデルなどを務めている。
HEW
  • フランスのモード誌『ロフィシャル』の日本版が創刊
RECOMMEND
PICK UP
ページトップへ