創業50年のランドセル工房「土屋鞄」が軽井沢にオープン。職人の手仕事見学も

2015.06.25

職人による手づくりのランドセルを始めとした皮製品を製造する、土屋鞄製造所が6月26日、店舗併設のランドセル工房「土屋鞄製造所 軽井澤工房」を長野県軽井沢町にオープン。職人が手仕事でランドセルを製作する様子を見学することも出来る。

創業50年を迎える土屋鞄製造所は、始めは2人の職人によるランドセル工房としてスタートしたもの。西洋で培われた鞄の文化を受け継ぎつつ、日本の職人の技術や気遣い、おもてなしの精神を込めたランドセルづくりを行っている。

軽井沢工房は、“人生で一度きりのランドセル選びが幸せな時間になるように”という思いを込めて、家族でゆっくりと過ごせる“親子の思い出づくり工房”を目指してオープンした。“お客様に最高の体験を”という理念を掲げる同社の想いが体現できる最適な場として、古くから西洋と日本の文化が融合している軽井沢が選ばれた。建物にはレンガと木材がふんだんに使用され、革鞄のように時間とともに味わいの増す工房に仕上げられている。

併設された店舗では、57種類の土屋鞄のランドセルをフルラインアップで展開。ノスタルジックなものからカラフルなものまで、牛革、コードバン、クラリーノ(R)・エフ、ヌメ革と多様な素材を取り揃える。さらに、同社に50年にわたり受け継がれてきた技術と想い、そこに軽井沢の美を加えた限定ランドセル「軽井澤」(税込14万円)も発売される。

店内の大きな窓からは、広々とした芝生の庭に出ることができ、ガラス張りの工房を自由に見学することも可能。店内奥には工房見学スペースが設置され、職人たちが110個以上もの細かいパーツから、300を超える手仕事の工程を通してランドセルを作り上げていく様を見学することが出来る。
HEW
  • 「土屋鞄製造所」の軽井澤工房店(店内)
  • 「土屋鞄製造所」の軽井澤工房店/ガラス張りの工房を自由に見学
  • 「土屋鞄製造所」の軽井澤工房店/軽井澤工房(左:工房棟/中央:軽井澤工房店)
  • 石畳にはランドセル職人の道具が。
  • 「土屋鞄製造所」の軽井澤工房店/ガラス張りの工房を自由に見学
  • 土屋鞄のロングセラー「トーンオイルヌメ」シリーズ
  • 工房見学スペース
  • 創業当時にランドセルづくりを行っていたミシンの展示も
  • 大人向け革製品のエリア
  • 軽井澤工房店 入り口
  • 土屋鞄の50年の技と思いを注いだランドセル「軽井澤」
  • 土屋鞄製造所 軽井澤工房
ページトップへ