マリーアントワネットが愛したブルーの世界観。ストリングスホテル 八事 NAGOYA夏のアフタヌーンティー

開催日:2020.06.01-07.31
2020.05.28
▲商品イメージ
ストリングホテル 八事 NAGOYA夏のアフタヌーンティーは、マリーアントワネットが愛したブルーの世界観をスイーツで表現。2019年冬に大好評だったマリーアントワネットのアフタヌーンティーが、材を変更して復活します。主に旬の“メロン”や、免疫力向上効果が期待できる“ヨーグルト”、栄養価が高く「ナッツの女王」とも呼ばれている“ピスタチオ”などを使用。ブルー・グリーン・ホワイトの色味で統一されたスイーツは、見た目涼し気で爽やかな味わいに仕上げました。“夏に食べたい! 可愛いスイーツ”の数々を、ティーと一緒にお楽しみください。

▲旬のメロンや免疫力向上に期待が持てるヨーグルトを使用▲旬のメロンや免疫力向上に期待が持てるヨーグルトを使用

「マリーアントワネットのSWEETS COLLECTIONS」概要

■販売期間:2020年6月1日(月)~7月31日(金)

■場所:1F / ストリングス ラウンジ

■提供時間:11:00~18:00(LO.17:30)

■料金:3,300円 ※消費税・サービス料12%別
グラスシャンパンとパイ包みスープ、三大珍味セイボリーが付いたハイティーは、3,700円 ※消費税・サービス料12%別

■商品詳細URL:https://www.strings-hotel.jp/yagoto/restaurant_plan/lounge_summer_at

■新型コロナウイルス感染拡大防止に関する対応:https://www.strings-hotel.jp/wp-content/uploads/2020/05/meieki_20200509.pdf

メニュー内容:
・ファーストディッシュ:じゃがいもの冷製ヴィシソワーズ
・特製スコーン:スコーン / クグロフ(クロテッドクリーム / 薔薇のジャム / メープルシロップ)
・スタンド:(上段)メロンのブランマンジェ / 爽やかなヨーグルトムース / マスカルポーネオペラ(中段)ピスタチオマカロン / マイクロショートケーキ/ ルリジューズ / カメオに見立てたショコラクッキー(下段)タルトメディラネ / トマトスモークチキン / ケーク・サレ / 鴨のパストラミパートフィロ包み
・小菓子:ギモーブ / カヌレ / フィナンシェ / パートドフリュイ / アーモンドショコラ / ボンボンショコラ(内2種類)
ドリンクフランス老舗紅茶ブランド「マリアージュフレール」や挽きたてコーヒーなど、約20種類の中からおかわり自由

▲スタンド上段:スイーツ1.▲スタンド上段
▲スタンド中段:スイーツ2.▲スタンド中段
▲スタンド下段:セイボリー▲スタンド下段
▲ショコラバー イメージ▲ショコラバー イメージ
▲グラスシャンパンとパイ包みスープ、三大珍味セイボリー(ブレッドカップガーリックバター/キャビアとサワークリームのワンスプーン/スムージー/フォアグラとトリュフのパウダー)が付いたハイティーはコスパ抜群(3,700円)▲グラスシャンパンとパイ包みスープ、三大珍味セイボリー(ブレッドカップガーリックバター/キャビアとサワークリームのワンスプーン/スムージー/フォアグラとトリュフのパウダー)が付いたハイティーはコスパ抜群(3,700円)
▲三大珍味セイボリープレート イメージ▲三大珍味セイボリープレート イメージ
▲同期間、スイーツレストラン「スカラ テラス」では、ピンク色のスイーツたちを好きなだけお楽しみいただける“マリーアントワネットのSWEETS PALACE”を開催▲同期間、スイーツレストラン「スカラ テラス」では、ピンク色のスイーツたちを
好きなだけお楽しみいただける“マリーアントワネットのSWEETS PALACE”を開催




<店舗概要>

【店名】オールデイ・ラウンジ 「ストリングス ラウンジ」
【営業時間】7:00~21:00(フードL.O 20:00/ドリンクL.O 20:30)
【席数】70席
【定休日】無休
【電話番号】052-861-7874
【HP】https://www.strings-hotel.jp/yagoto/restaurant-lounge.html

▲広々とした店舗内観


企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ