人生で一度は食べたい!“100万通り以上のカスタムバーガー”が楽しめるLA発のカスタムバーガーレストランがオープン

2017.01.14

ロサンゼルス発のカスタムバーガーレストラン「ザ・カウンター(THE COUNTER)(R)」が3月31日、東京ミッドタウンに日本第1号店をオープンする。

ザ・カウンターは、“100万通り以上のカスタマイズを楽しめるハンバーガーレストラン”として、03年にカリフォルニア州サンタモニカにオープンしたバーガーレストラン。パテやチーズの種類から、ソース、トッピングまでを自由に選ぶことができ、ハンバーガーはオーダーを受けてから店内でひとつひとつ手づくりされる。その日の気分やシチュエーションに合わせて、ボリューム満点なバーガーからたっぷりの野菜で楽しむサラダバーガーまで自由に楽しめるレストランとなっている。

店舗はアメリカ国内の33店舗の他、メキシコをはじめマレーシア、アイルランドなど全7カ国で展開。05年には雑誌『GQ』のアメリカ版で“死ぬまでに食べたい20のハンバーガー”にランクインした他、全米No.1レストランガイド『ZAGAT SURVEY 2011』でも“今までにないユニークなハンバーガーチェーン”として紹介されるなど、そのユニークなスタイルで高い人気を誇っている。

今春オープンする六本木店でも、パテやチーズ、ソースに加え、豊富なトッピングが用意され、自由にハンバーガーをカスタマイズすることが可能。また、初めての利用者や、組み合わせに迷ってしまった人に向けて、ザ・カウンターがおすすめする組み合わせで仕上げた「シグネチャーバーガー(SIGNATURE BURGERS)」シリーズが用意されている。さらに、日本初上陸を記念した六本木店限定バーガーも販売予定。なお、店内は、様々な立地や客層に合わせた空間作りを行う同店らしく、六本木エリアにマッチした都会的かつインターナショナルな空間に仕上げられた。
HEW
  • ロサンゼルス発のカスタムバーガーレストラン「ザ・カウンター」が日本第1号店をオープン
ページトップへ