サルバムがピッティデビューで紐解いたジャパンモードの現在【2017-18秋冬メンズ】

2017.01.21

サルバム(SULVAM)の2017-18年秋冬コレクションが1月12日、イタリアフィレンツェで開催中のピッティ・イマジネ・ウオモ91(Pitti immazine Uomo)で発表された。2年前にミラノにおいて生地の見市であるモーダウニカの招待で新人デザイナーのコレクションとして合同ショーに参加しているが、海外でのフルコレクションの発表は今回が初めて。

高密度に管理されつつある現代社会から解放への叫びなのか、解かれて引きずるスニーカーのシューレースは、チョーカー風に首に巻かれたり、ドローストリングスとしてアウターパンツから垂らされたりと、隠喩的だ。ビッグシルエットのカモフラージュ柄のコート、複雑にパターンを切り替えステッチワークされたパンツ、オーバーサイズのストライプシャツはカットワークでシルエットに変化を持たせている。

生地の重みをシルエットに生かしたニットなど、すべてのアイテムが緩やかな打ち込みの素材を重ねたり、切り離したりすることで、ハイスピードな産業構造に反旗を翻しているようなコレクション。

デザイナーの藤田哲平は山本耀司のコレクションのパタンナーを務めた後、2014年に独立しブランドをスタート。2015年に「Who is on Next Dubai」でウィナーとなり、昨年6月のピッティウオモに招待されブース出展。今回、JFW(ジャパンファッション・ウィーク協会)の支援を得て、ランウェイ開催となった。

現地での記者会見で「ナポリの伝統とはまた違った新しい洋服の作り方、アントワープ6が影響を受けたというヨウジヤマモトの解釈とは違う時代に沿ったアイテム、“ストリート”とは違う日本の服飾の線上にある新しいモードの王道たるランウェイを見せる」と話し、32歳という自身の年齢を評して「海外のデザイナーたちと比べると若手とは言えない年齢」と日本の現状への危機感も覗かせた。

Text: 野田達哉
野田達哉
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
  • サルバム2017-18秋冬コレクション
ページトップへ