新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

週末韓国トリップ! cafe onionとアラリオミュージアムへ。パンと珈琲と建築を楽しむ【EDITOR'S BLOG】

2020.02.25

-- am 9:00

地下鉄の安国駅から5分ほど歩いたところにある、瓦屋根の木造建築に、“onion”のロゴをあしらった家屋。韓国仁寺洞にある「カフェ オニオン(cafe onion)」は、韓国の古民家にあたる韓屋(ハノク)をリノベーションしたベーカリーカフェです。




先での朝を幸せな気持ちにさせてくれる、焼きたてのパンの香りとエスプレッソマシンの音。店内は、テーブル席と、抹楼(マル)とよばれる板の間、韓国特有のオンドル(床暖房)で暖まった座敷が用意され、事をしながら韓屋の伝統的な住居スタイルを体験することができます。




cafe onionのパンはどれもフォトジェニック。甘いパンから、惣菜パンまで...おいしそうなパンたちが並びます。日本人も大好きなあんこやきな粉のパンも充実していました。




中でも人気のパンドールは粉砂糖がたっぷりのったシフォンケーキのような食感のパン。山になった粉砂糖を崩さないようにそっとトレーに乗せて、神経を集中させながら席まで運びます。見た目より甘すぎず、ふわふわで軽い口あたりのパンドール。オーダーしたカプチーノとの相性も抜群です。


 
 
 
この投稿をInstagramで見る

cafe onion(@cafe.onion)がシェアした投稿 -

 

cafe onionは、こちらの安国店の他、聖水店、弥阿店にもお店があります。どちらも、古いビルをリノベーションしていて、新旧が混在した新たな空間を楽しむことができます。それぞれ行く価値アリです。


また、安国駅に行った際には、徒歩5分ほどのところにある美術館「アラリオミュージアム・イン・スペース(Arario Museum in Space)」にも足を運んでみては? 旧「空間」建築事務所のオフィスがリノベーションによって2014年に誕生した美術館で、建築好き必見のアートスポットになっています。








伝統ある古い建物に新たな生命が吹き込まれ、誰もが楽しめる空間へと再生していく韓国の建築。めまぐるしく変わりゆく東京の街にも、懐かしさと新しさが交わうような素敵な空間が生き残っていきますように......。

週末韓国トリップ! は、また不定期でレポートします。



■cafe onion anguk
ソウル特別市 鍾路区 桂洞キル 5

■Arario Museum in Space
ソウル特別市 鍾路区 栗谷路 83




Sayuri Sekine
ページトップへ