LIBRARYMAN刊、オラ・リンダルによる冬の写真集【ShelfオススメBOOK】

2020.01.18
各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿外苑前のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京渋谷神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介。



■『Notes on Ordinary Spaces』Ola Rindal

ノルウェー人フォトグラファー、オラ・リンダル(Ola Rindal)による作品集。

作は、フランススウェーデンを拠点とする出版社・LIBRARYMANの季刊写真集プロジェクト「Seasons Series」の8作目として刊行。

あるカテゴリーにあてはまるアーティストたちが、一つの同じ条件のもと一冊の本の形で表現するという一貫した企画だが、それぞれの作家が持つ視点によって個々の違いが表出する。かつ、季節ごとに登場する作家のセレクションとコンテンツが各々の作品そのものを際立たせながらも、全作品集を通してサイズやページ数、デザインは統一される。

四季を用いる手法は、韓国映画監督キム・ギドク(Kim Ki-duk)の映像作品『春夏秋冬そして春(英題: Spring, Summer, Fall, Winter… and Spring)』(2013)から着想を得ており、四季を生涯に見立て様々な俳優陣が一人の主人公の一生を演じているこの作品は、湖中の庵に暮らす一人の父的存在が印象的である。この映像作品はとりわけ四季の風景の移り変わりに沿った物語の形式でありそのことが主人公の成長に影響を与えているが、今回の企画「Seasons Series」は、各作品が季節の違いを感じさせつつも、シンプルかつ深遠なアイデア、その精神性や人間の情熱を軸とする。









【書籍情報】
『Notes on Ordinary Spaces』
写真:Ola Rindal
出版社:LIBRARYMAN
言語:英語
ハードカバー/32ページ(29フォト)/280×220mm
発刊:2019年
価格:5,500円
Shelfオフィシャルサイトで『Notes on Ordinary Spaces』を購入する
Shelf
ページトップへ