伊勢丹メンズの「ビーチスーツ」、イッセイミヤケやワコマリア等ブランド倍増でシーン拡大

2015.02.23

伊勢丹新宿店メンズ館が昨春行ったショートパンツセットアップのスペシャルキャンペーン「ビーチスーツ・コレクション」のブランドを今春さらに拡大。3月4日より実施する。

昨シーズンは同館2・3階のインターナショナルクリエイターズ、インターナショナルデザイナーズのブランドを中心に、フォーマルオケージョンの黒ベースに革のスーツスタイルが主だったが、今シーズンは「ビーチスーツ」というカテゴリーの概念を更に広げ、幅広いラインアップで展開。フロアも昨年の2・3階に加え、6階のコンテンポラリーカジュアル、7階オーセンティックカジュアルに広げ、三越伊勢丹オリジナルの「オンリー・エムアイ(ONLY MI)」商品の一環としての側面を強化。新世代のクールビズジャケットスタイルの提案としても話題を集めそうだ。

昨年はアレキサンダー・マックイーンジバンシィジル・サンダーディオール オム、ドリスヴァンノッテン、ラフ シモンズ、クリスヴァンアッシュなど海外ブランドを中心に、ホワイトマウンテニアリング、カラーなどの東京ブランドを加え、全22ブランドで展開されたが、今回は約50ブランドと倍以上の参加ブランドに拡大。エンジニアード ガーメンツ、イッセイミヤケメン、トゥモローランド、マーガレット ハウエル、モニタリー、ワコマリアなどが新たに参加する。

同店では特にブライダルシーンにおけるレストランウエディングリゾートウエディング、二次会などファッションシーンの多様化に加え、女性のドレスのカジュアル化など、メンズも従来の純フォーマルなウェアだけでは対応しきれないケースが増えていることから、ショートパンツ、クロップドパンツのセットアップを春らしく明るく打ち出した。

昨年提案したドレスアップとしてのスーツアイテムをカジュアルダウンした構成から、今季はカジュアルからのドレスアップへシフトし、シアサッカーなどの素材や色のバリエーションを増やし、スニーカーに合うスーツスタイルを提案している。

同キャンペーンの担当者は「最近ではショートパンツでもOKなゴルフ場まで出てきているが、まだまだ一般社会では公式なシーンでのスタイルとして受け入れられにくいショートパンツの格を上げるという意識でキャンペーンに取り組んでいる。近い内に結婚式パーティーに行く仲間同志で『スーツどうする?』『俺はビーチスーツで行くよ』というような会話が生まれれば」と、“ビーチスーツ”のネーミングの浸透にも期待をかける。
野田達哉
  • (左)ワコマリア、(右)メゾンキツネ
  • (左)エンジニアド ガーメンツ、(右)サイ
  • (左)カラーパーペチュアル、(右)Nハリウッド
  • イッセイ ミヤケ メン
  • マークジェイコブス
  • ジョンローレンスサリバン
  • ミハラヤスヒロ
  • トーガ ビリリース
  • 3.1 フィリップ リム
  • ライディングハイ
  • プリングル 1815
  • サカイ
ページトップへ