秋の「東京蚤の市」は11月15日からの初の3日間! 会場もより広い昭和記念公園に

開催日:2019.11.15-11.17
2019.09.03
手紙社が選りすぐった古家具、古古着など、世界中から集めた古ものを扱うお店をはじめ、雑貨店や飲店などが集結するイベント「第16回 東京蚤の市」が、11月15日から17日まで、国営昭和記念公園にて開催される。


古いものと新しい持ち主との出会いが生まれるイベントとして、2012年5月に誕生した本イベントは、今回が第16回目の開催。会場を新たに国営昭和記念公園に移し、蚤の市史上初の3日間開催となる。


会場では、デザイン性に富んだファブリックや家具がそろう「東京北欧市」、コロンとしたフォルムが愛らしい小さな花が新たに仲間に加わった「東京豆皿市&豆花器市」も同時開催。またエスニックで色鮮やかな「アジア」のアイテムがそろうエリアや、数々の「占い」を堪能できる新エリアも登場する。


お買い物はもちろん、豪華なラインアップのメインステージに、親子で楽しめるキッズステージも毎日開催。絶品フードが味わえる他、ものづくりの体験ができるワークショップなど、誰もが楽しめるコンテンツが盛りだくさん。家族や友人と、東京最大級のエンターテイメントの祭典に訪れてみては? イベントの詳細は、オフィシャルウェブサイト(http://tokyonominoichi.com/2019_autumn/)をチェック! 

【イベント情報】
東京蚤の市
会期:11月15日〜11月17日
会場:国営昭和記念公園
時間:9:30〜16:00
料金:前売り券800円、当日券1,000円、中学生以下無料
編集部
ページトップへ