週末喫茶部、小伝馬町「イルマン堂」へ。今一番気になる静寂を楽しむ珈琲店【EDITOR'S BLOG】

2019.07.26



七月の週末、土曜日、正午過ぎ。東京・小伝馬町駅から徒歩1分、連日、商品の完売告知が絶えない話題の珈琲店「イルマン堂」へ。




今年4月にオープンしたばかりながらも、口コミで続々とファンを増やし、行列&完売が日常のお店。(ちなみにこの日、私達は昼過ぎに到着後1時間半待ち)浅い橙ののれんをくぐり、ガラリ、と引き戸を開けば、そこは小宇宙。モダンクラシックでフューチャリスティックな静寂の間へと誘われます。




入店したらエントランスで、オーダー。




初回なので人気の定番メニューアイスカフェオレ(800円)とプリン(600円)、季節限定の夏みかんマーマレードスコーン(600円)をチョイス。今回、スイーツは友人とシェアします。




注文後は番号札的なこのカードを持って、案内された席へ。




実はこの店舗、元々は“イルマン堂”という名前のカメラ屋さんだったそう。言われてみれば暗室のようなひんやりとした暗がり、明るさの調整可能な照明といった部分からもその名残を感じる。写真を撮ることに寛容なのは、店のルーツもあってなのかしら? そしてそれも今、早速、人気店になった秘訣なのかも。

談笑したり物思いに更けていたら注文したメニューが到着。瞬時、心を奪われる。

日本的な美学、侘び寂びも感じられるカフェラテと洋菓子。この佇まい、記憶に残さずにいられる?




美しいことは言わずもがな、色気すら感じるイルマン堂のアイスカフェラテ。こっくりしたクリームを少しずつ珈琲に溶かして味の変化を楽しむ。深みのあるフルーティーな味わいの珈琲です。




芸術的なプリンは金箔もトッピングされていて、もはや尊い…。対角線にカットして友人とシェア。感は、“かため”のプリン。プリンの周りに添えられたカラメルソースはほろ苦くて、甘いプリンとマッチして美味しい。ほろ苦カラメルファンには、たまらないはず。




極め付けは季節限定の夏みかんマーマレードスコーン。トッピングに夏みかんジャムが付いてくるのかな? と思っていたらスコーンの中に夏みかんジャムが入っているのね。ふわふわなホイップバター(クリームチーズも選べる)をつけて食べるのとっても気に入った。最高! 

余談ではありますが、私、スコーンが好き。特にマリアージュフレールのスコーンが大好きなのですが、イルマン堂とどっちが好きかな…と悩むレベルにこのスコーンが好きです。次回はプレーンを食べたいな。

ぜひ、あなたも次の休日はイルマン堂へ。 

以上、週末喫茶部でした。

photography : NATSUME TEZUKA

【店舗情報】
イルマン堂
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町11-9
営業時間:11:00〜19:00(L.O 18:30)
※商品が売り切れ次第閉店、その場合オフィシャルインスタグラム(@irumando)のストーリーにて告知。
定休日: 月、木曜(不定休あり)
 
Ryoko Suzuki
ページトップへ