女の子を撮り続けるヴァレリー・フィリップスの『アリス・イン・ロンドンランド』【ShelfオススメBOOK】

2019.06.29
各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿外苑前のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京渋谷神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介。




■『Alice in Londnland』Valerie Phillips

ヴァレリー・フィリップスにとって10作目の作品集『Alice in Londonland』は、モデルアリスと作者によるロンドンでのの記録である。

よく目にするようないかにも楽しそうな観光客の様子を写したものや、過剰にドラマチックな演出を施されたモノクロの報道写真のような類のものとは一線を画し、リアルなロンドンでの出来事を生き生きと描き、作者の特徴とも言えるカラフルでぐちゃぐちゃで鮮やかな世界を作り出している。





アリスは我々を、あえて注目しないと見過ごしてしまいがちな場所、例えば路地裏やパブ、カフェイギリスの伝統料理「パイ&マッシュ」のお店、クリスタル・パレス・パークの「ヴィクトリアン・ダイナソー」、ストリートやビルへと連れ出していく。ドラゴンや花、剥がれたペイント、動物の壁画やローマ風の壁、そんなものも目にするだろう。

チャリティーショップやヴィンテージ、他にはヴァレリーが色々と組み合わせて遊んでいる服のコレクションから、アリスは自分にぴったりの服を見つけ出す。そんな日常が写り込んでいる。作者は、仕事で色々な場所を飛び回っている生活からの変化を求め、ロンドンの自宅周辺を探索するために休みを取り撮影を敢行。アリスは、まるでロンドンを我々に案内してくれる、さながらツアーガイドのようである。






【書籍情報】
『Alice in Londnland』
写真:Valerie Phillips
発行:SELF PUBLISHING
言語:英語
ソフトカバー/192ページ/240×170mm
発刊:2019年
価格:4,400円(為替により変動)
Shelfオフィシャルサイトで『Alice in Londnland』を購入する
Shelf
ページトップへ