バウハウス100周年、アーカイブ展が無印良品銀座で開催

開催日:2019.06.28-09.23
2019.05.14
無印良品銀座の6階にある「ATELIER MUJI GINZA Gallery2」で、「Archives: Bauhaus 展」が、6月28日から9月23日まで開催される。

©︎ATELIER MUJI GINZA 2019

総合芸術学校バウハウス(Bauhaus)は、今年で記念すべき100年目を迎えている。モダンデザインの潮流の中で多様な領域を横断する学校教育というユニークな形式で革新を目指したバウハウス。ドイツ・ワイマールに1919年に創立し、閉校したのは1933年。たった14年間という短い期間であったにも関わらず、ドイツのみならず世界各地に今なお強い影響を与えているのはどうしてだろうか?

デザインにまつわる重要な記録を保存・活用し、未来へ伝達する試みとしてATELIER MUJI GINZAが行う「Archives」のシリーズとして、バウハウスがフィーチャーされる展。ギャラリーには、バウハウスの生徒の中でも優れた才能を発揮したとされているマリアンネ・ブラント(Marianne Brandt)の実験的な写真作品や照明具、ウィルヘルム・ワーゲンフェルド(Wilhelm Wagenfeld)の作品などとともに、無印良品から今回のテーマに沿って選ばれた製品が一緒に並べられる。

バウハウスがこの1世紀、私たちに何を与え、未来に何をもたらすのか? アーカイブを通じてじっくりと向き合ってみたい。
また、会期中は実験的な教育機関であったバウハウスらしく、建築やデザイン、教育、アートなど横断的なジャンルにおいて、トークやワークショップなど様々なイベントが開催されるので、合わせてチェックして。



【イベント情報】
Archives: Bauhaus 展
会期:6月28日〜9月23日
会場:ATELIER MUJI GINZA Gallery2
住所:東京都中央区銀座3-3-5 無印良品銀座 6F
時間:10:00〜21:00
入場無料

■ギャラリートーク「Archives:Bauhaus」
日時:6月29日 18:00〜19:30
会場:無印良品銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Lounge
講師:北村仁美(東京国立近代美術館工芸館 主任研究員)、加藤孝司(フリーランスライター/フォトグラファー)、中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ ファウンダー/プロデューサー)、片岡義弘(株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン担当)

■ワークショップ「How to use the Egg Coddler〜エッグコドラーを使った料理教室〜」
日時:7月13日 14:00〜15:30
会場:無印良品銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Lounge
講師:冷水希三子(料理家/フードコーディネーター)

■夏休みワークショップ「バウハウスの建築について考えてみる」
日時:8月9日 14:00〜16:30
会場:無印良品銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Lounge
講師:五十嵐太郎(建築史家/東北大学大学院教授)

■トーク「建築と教育とバウハウス」
日時:8月9日 19:30〜21:00
会場:無印良品銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Lounge
講師:五十嵐太郎(建築史家/東北大学大学院教授)

■ワークショップ「Visual Study: Bauhaus and Photography〜バウハウス的写真編集の楽しみ方〜」
日時:9月15日 13:00〜16:00
会場:無印良品銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Lounge 
講師:若木信吾(写真家)


編集部
ページトップへ