今年も虎屋菓寮に「宇治金時」に「氷あんず」など、上品な美味しさのかき氷メニューが登場

開催日:2019.05.01
2019.04.25
日に日に気温が高くなり、ひんやりと冷たいスイーツが欲しくなる今日この頃。とらやが運営する虎屋菓寮では、5月1日からかき氷の販売がスタートする。毎年人気のメニューから、店舗限定のメニューまで、これからの季節に楽しめるかき氷をチェック! 



豊かなお茶の香りを味わう

「宇治金時」1,404円、小 1,080円 ※帝国ホテル店と、TORAYA TOKYOは価格が異なる

「宇治金時」は、宇治抹茶と和三盆糖を合わせた濃厚な抹茶蜜を、たっぷりとかいたかき氷にかけ、底に北海道産の小豆を使用した小倉餡をあしらった毎年一番人気のかき氷。5月1日から9月30日まで虎屋菓寮全店にて販売。なお、TORAYA TOKYOは小サイズのみの提供。 


「宇治氷」1,296円、小 972円 ※帝国ホテル店は価格が異なる
 
「宇治金時」と同じ宇治抹茶と和三盆糖を合わせた抹茶蜜を使用した「宇治氷」。餡が入っていない分、口いっぱいに広がる濃厚な抹茶蜜の風味が存分に楽しめ、抹茶好きにはたまらない一品。5月1日から9月30日までTORAYA TOKYOを除く虎屋菓寮全店にて販売。


「みくりや煎茶金時」1,512円 ※御殿場店限定
御殿場店にて8月1日から31日まで限定販売される「みくりや煎金時」は、御殿場周辺産のみくりや煎茶を使用した蜜と、葛仕立煎茶水羊羹を添えた贅沢な一品。底に忍ばせた煎茶餡と小倉餡もポイント

 


口いっぱいに広がるフルーツの甘酸っぱさ

「苺みぞれ」 1,512円、小1,188円 ※銀座店限定
銀座店にて5月1日から9月30日まで限定販売される「苺みぞれ」 は、稀少な白小豆を100%使用してつくった、さっぱりとした風味の白小倉餡に濃厚な味わいの苺蜜が絶妙にマッチする一品。


「氷あんず」1,512円、小1,188円 ※赤坂店限定
赤坂店限定の味として人気だった「氷あんず」が、店舗のリニューアルとともに5月1日から9月30日まで復活。 あんずをふんだんに使用した甘酸っぱい蜜と、あんずリキュール「アマレット」のシロップをかけた、夏らしい味わい。


「梅氷」756円 ※TORAYA AOYAMA限定
TORAYA AOYAMA限定で通年販売されている「梅氷」は、紀州産の南高梅を使用した香り高い蜜に、あっさりとした甘みの白あんを合わせた上品な味わい。テイクアウトしやすいカップでの提供なので、ちょっとしたブレイクタイムにもおすすめ。




上記以外にも、たくさんの種類のかき氷がラインアップ。上品な美味しさ溢れるかき氷で、涼をとってみてはいかが?



価格は全て税込
編集部
  • 「宇治金時」1,404円、小 1,080円 ※帝国ホテル店と、TORAYA TOKYOは価格が異なる(5月1日から9月30日までの販売)
  • 「宇治氷」1,296円、小 972円 ※帝国ホテル店は価格が異なる(5月1日から9月30日までTORAYA TOKYOを除く虎屋菓寮全店にて販売)
  • 「みくりや煎茶金時」1,512円 ※御殿場店限定(8月1日から31日までの販売)
  • 「宇治みぞれ」1,494円、小 1,080円 ※帝国ホテル店は価格が異なる(5月1日から9月30日までの販売)
  • 「氷あずき」1,296円、小 972円 ※帝国ホテル店は価格が異なる(5月1日から9月30日までの販売)
  • 「苺みぞれ」 1,512円、小1,188円 ※銀座店限定(5月1日から9月30日までの販売)
  • 「氷あんず」1,512円、小1,188円 ※赤坂店限定(5月1日から9月30日までの販売)
  • 「日向夏と温州みかんの氷」東京ミッドタウン店 小 1,188円、TORAYA TOKYO 小 1,404円 ※東京ミッドタウン店、TORAYA TOKYO限定(両店舗とも5月1日から9月30日までの販売)
  • 「生姜みぞれ」小 1,404円 ※帝国ホテル店限定(6月1日から9月30日までの販売)
  • 「梅氷」756円(TORAYA AOYAMA限定)
  • 「レモン氷」756円(TORAYA AOYAMA限定)
ページトップへ