没後30年のバスキア、国内初となる大規模展が今秋森アーツセンターギャラリーで開催

開催日:2019.09.21-11.17
2019.04.11
六本木の森アーツセンターギャラリー六本木ヒルズ)では、今年没後30年となるジャン=ミシェル・バスキアの日本初となる大規模展「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」を、9月21日から11月17日まで開催する。

ジャン=ミシェル・バスキア
Untitled, 1982
Yusaku Maezawa Collection, Chiba
Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat. 
Licensed by Artestar, New York  

流星のごとく現れ、1980年代アートシーンに衝撃を与えたジャン=ミシェル・バスキア。彼の作品はその短い人生を物語るかの如く、非常に強烈なエネルギーを持ち合わせており、わずか10年の間に、新たな具象表現的な要素を取り入れた2,000点を越すドローイングと1,000点以上の絵画作品を残した。また、鮮烈な存在のバスキアは、現代にいたるまでも、アートやファッションカルチャーに大きな影響力を及ぼし、近年ではバイエラー財団美術館、ビルバオ・グッゲンハイム美術館、ルイ・ヴィトン財団美術館など欧米各地の有名美術館でバスキアの展覧会開催が相次いでいる。

展は、昨年ロンドン・バービカンセンターで開催され、開館以来歴代第1位の客数を動員した「Basquiat:Boom for Real」の共同キュレーション、並びに1月14日までパリで開催されていた「Jean-Michel Basquiat」をキュレーションしたバスキア研究の世界的権威ディーター・ブッフハート氏を迎え、彼が日本のために独自に企画する大規模展となる。バスキアの作品群より、絵画やドローイングなど約80点を世界各地から集め、バスキアの短い生涯と彼が生きた時代を辿りながら作品を紹介する。

ジャン=ミシェル・バスキア
Onion Gum, 1983
Courtesy Van de Weghe Fine Art, New York
Photo: Camerarts, New York
Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat.
Licensed by Artestar, New York 

また、「メイド・イン・ジャパン」と題する本展は、バスキアが見たニッポン、その絆とメッセージを作品から巡る特別企画となる。バスキアは生前、度々来日し、日本において10を超える個展、グループ展を開催している。作品のモチーフに「Yen」のように当時のバブル景気を迎えていた日本の世相を反映した作品もあり、バスキアと日本との多方面にわたる絆、日本の豊かな歴史や文化が創作に及ぼした知られざる影響について明らかにする。

詳細は5月頃に発表予定。最新情報は、公式ホームページ(www.basquiat.tokyo)にて。

【展覧会情報】
バスキア展 メイド・イン・ジャパン
会期:9月21日〜11月17日
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
巡回情報:巡回の予定はありません。
編集部
  • ジャン=ミシェル・バスキア Untitled, 1982 Yusaku Maezawa Collection, Chiba Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat.Licensed by Artestar, New York
  • ジャン=ミシェル・バスキア Onion Gum, 1983 Courtesy Van de Weghe Fine Art, New York Photo: Camerarts, New York Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat.Licensed by Artestar, New York
  • ジャン=ミシェル・バスキア Napoleon,1982 Private Collection, Courtesy of the Milwaukee Art Museum Photo: John R. Glembin Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat.Licensed by Artestar, New York
  • ジャン=ミシェル・バスキア Self-Portrait, 1985 Private Collection Photo: Max Yawney Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat.Licensed by Artestar, New York
ページトップへ