横浜赤レンガ倉庫にマーガレットの丘が出現! 花の“ハート型アーチ”が迎えるフラワーガーデンイベント

開催日:2019.03.29-04.21
2019.03.29
横浜赤レンガ倉庫では、3月29日から4月21日までの計24日間、約8,000株の草花で港町横浜に春の訪れを演出するイベント「FLOWER GARDEN 2019」を開催。


今年で13回目となる「FLOWER GARDEN」は、4月に開館17周年を迎える横浜赤レンガ倉庫のリニューアルアニバーサリーとして、色とりどりの花で祝う春の恒例イベント。毎年テーマを設けて春らしい草花を用いて演出し、横浜の春の風物として好評を博している。

今年は、開港160周年を迎える横浜港と緑を一緒に楽しめるよう、“港の見えるフラワーガーデン”をテーマに、開港の地・横浜を象徴する歴史的建造物である赤レンガ倉庫に挟まれた空間に、色鮮やかな草花で溢れた春らしさを演出。会場エントランスには、デイジー・ネメシア・ハツユキカズラなど、かわいらしいピンクの花で構成したハート型のアーチが登場し、来場者を出迎える。

エントランスを抜けると、横浜港に向かってまっすぐ続く道の両サイドに草木を多く取り入れ、自然の中で散策している感覚を味わえる庭園が出現。庭園内には、開館17周年にちなみ、くまやうさぎなどの動物をモチーフにした17体の「トピアリー」が設置される他、ティピと呼ばれるテントや動物たちのお家をイメージした建物など写真映えするフォトスポットが設けられ、エリアの中央では芝生に寝っ転がったり、ベンチに座って草花を眺めながら、思い思いの時を過ごすことが出来る。

さらに先に進んだ横浜港を臨む会場の海側には、高さ7mの大きなシンボルツリーとピンクのマーガレット一色で演出した「マーガレットの丘」が出現し、港を背景に一面の花畑が広がるここでしか見ることの出来ない景観を楽しめる。日没後18時から23時には会場全体がライトアップされ、昼間とは異なる雰囲気の幻想的な空間が現れる。





昨年に引き続き、花を視覚だけでなく五感を使って楽しめるよう、“花と”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」が会場内に併設。食べられる花、エディブルフラワーを用いた「お花のカクテル」や、食べられる花とカオマンガイを楽しむフォトジェニックな一品「ハナマンガイ」、「お花のクッキー」(1袋2個入り 税込400円)など、イベントに合わせた春らしい限定メニューが登場する。

「花満開!HANABARセット」(税込2,000円)
「ハナマンガイ」と「お花のカクテル」、「ミートボール」がセットになった「花満開!HANABARセット」(税込2,000円)もおすすめ。また、ドライフラワーを使ったワークショップも実施予定。なお、「HANABAR」の営業時間は、平日は11時半から17時、土日は10時半から19時まで。



「お花のクッキー」(1袋2個入り 税込400円)
また、特別連動企画として、「みなとヨコハマ開港160周年の基軸と色とりどりの花を巡ってみよう!」ツアーも開催。横浜港開港160周年にちなみ、開港後大きく変貌した横浜を感じることの出来る歴史的な名所や観光地と、この時期しか見ることのできないやチューリップ、バラなど横浜の春を感じられる花の名所を巡る。



【イベント情報】
FLOWER GARDEN 2019
会期:3月29日~4月21日
会場:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 A、赤レンガパーク
入場無料
  • 「花満開!HANABARセット」(税込2,000円)
  • 「お花のクッキー」(1袋2個入り 税込400円)
ページトップへ