‪ピエール マルコリーニが期間限定イベントを開催! レストランKabiとのコラボスイーツも登場‬

開催日:2019.01.25-01.27
2019.01.18
ピエール マルコリーニ(Pierre Marcolini)の世界をふんだんに味わえるイベント「Bean to Home by Pierre Marcolini」が、東京原宿にあるTHE FLATにて開催。1月25日から27日まで、期間限定で行われる。

会場イメージ

同イベントのコンセプトは、「Bean to Home」。近年広まっている、カカオ豆(Bean)の仕入れからチョコレートBar)の製造までの工程を一貫して行う「Bean to Bar」という考え方から、ピエール マルコリーニは、カカオ農園から手に入れた最高の素材を使って自宅(Home)まで美味しいチョコレートを届ける「Bean to Home」というコンセプトを生み出した。

会場では、高さ40cmのクーベルチュール・チョコレートのブロックや、48名限定でピエール マルコリーニによる6つのオリジナルメニューを味わえる「スペシャル ティスティング コース」などを展開。

クーベルチュール・チョコレート

クーベルチュール・チョコレートは、巨大ブロックからその場で削り、試食することができる。フレーバーは、繊細でスパイシーなヘーゼルナッツ風味が特徴の「ベネズエラ チュアオ リミテッド エディション」、何段階も変わる芳醇な香りとコクのある酸味の「キューバ リミテッド エディション」など5種類をラインアップ。こだわりのクーベルチュールは2階のカウンターで購入することができ、目で見て楽しく、食べて美味しいスペシャルな展示となっている。

また、先着48名限定で、ピエール マルコリーニによるオリジナルメニューを提供する「スペシャル ティスティングコース」では、ピエール マルコリーニ本人が、「ウエルカム 煎じたカカオ 柑きつ添え」「フレッシュ ガナッシュの包みもの シソの葉添え」「ホット チョコレート ユズ風味」「そうめん瓜の種 グランクリュチョコレートのムースのせ」「煎じたカカオ フレッシュミント添え」「米粉のケーキとスモークティー」という、6つのレシピそれぞれにまつわるとっておきのストーリーを披露。実施スケジュールは、1月25日と26日はそれぞれ6名×3回の計18名(受付開始 12:00・13:45・15:30)、1月27日は6名×2回の計12名(受付開始 12:00・14:00)となっている。


(左)黒豆のチョコレートケーキ 、(中)ゆずと焙じ茶のチョコレートクッキー、(右)発酵ベリーのチョコレートマカロン

さらに、パティシエ・中村樹里子も参加する話題のレストラン「カビ(Kabi)」チームがピエール マルコリーニのオリジナル クーベルチュールを使った、日替わり限定メニューを販売。

カビの代名詞でもある発酵や焦がし燻製を手法に用いた、鹿味噌にクーベルチュール、発酵ポルチーニと白トリュフパウダーの塩気と甘みと香りを楽しめる「菊芋チョコチップス」、溶かしたクーベルチュールに生クリームや備長炭オイルを加え山椒でアクセントをつけた「備長炭ガナッシュ」、ベリーが入ったマカロン・柑橘とお茶の香りが和を感じるクッキー・ふっくらとした黒豆としっとりとした触感が新しいケーキ3種が入った詰め合わせセットと個性豊かなメニューがそろう。




【イベント情報】
Bean to Home by Pierre Marcolini
会期:1月25日〜1月27日
会場:THE FLAT
住所:東京都渋谷区神宮前5-16-13
時間:12:00〜20:00 ※最終日は17:00終了
編集部
  • 会場イメージ
  • 会場イメージ
  • クーベルチュール・チョコレート
  • ピエール マルコリーニ
  • ベネズエラ チュアオ リミテッド エディション
  • キューバ リミテッド エディション
  • エクアドル スローロースト
  • エクアドル アンド ガーナ
  • ガーナ スローロースト
  • 菊芋チョコチップス
  • 備長炭ガナッシュ
  • (左)黒豆のチョコレートケーキ  (中)ゆずと焙じ茶のチョコレートクッキー (右)発酵ベリーのチョコレートマカロン
  • Kabi
  • 安田翔平(シェフ)
  • 江本賢太郎(ソムリエ)
  • 中村樹里子(シェフパティシエ)
ページトップへ