有田焼とオーダーメイド漆椀が並ぶ蚤の市、オルソ スープストックトーキョーで開催

開催日:2019.01.12-01.14
2018.12.19
東京自由が丘にあるオルソ スープストックトーキョー(also Soup Stock Tokyo)では、“日本”に焦点をあてた蚤の市「いとし ほりだし 器市」を、2019年1月12日から14日まで開催する。


自分の暮らしを整えるために必要なものを選んで迎え入れることは、新年を気持ちよくスタートさせるのに役立つのでは、との思いから、2019年の年はじめに開催される同イベント。参加するのは、オルソ スープストックトーキョーが出会い、ものづくりへの姿勢や商品に共感した有田焼の「宝泉窯」と、福井県・鯖江でハンドメイドの漆椀“オンリー椀”を製作する「ろくろ舎」の2つのブランド

宝泉窯
有田の「宝泉窯」は、2018年の春に陶芸作家鹿児島睦スープストックトーキョー(Soup Stock Tokyo)で作った「スープの器」の製造を担当した窯元。職人が一つひとつ絵付けや釉薬を施す丁寧な仕事に感銘をうけて何度も足を運ぶうちに、オリジナルの素敵な品がたくさんあることを知り、今回の器市に至った。

陶磁器の一大産地・有田焼ならではの赤や金ぶちの鮮やかな文様はもちろん、シンプルな絵付けが映える現代的なものまで様々。普段は一般向けの販売は行っていないが、イベントでは気に入った品はその場で購入ができる。300円から5,000円で販売する有田焼のデッドストックは数に限りがあるため、イベント期間中でも売り切れの際は販売終了となる。

ろくろ舎
越前漆器で知られる福井・鯖江で伝統と現代の両方を取り入れる「ろくろ舎」は、実際に手に取ってフォルムや漆の塗り方を選びながら自分だけの漆椀を作る「オンリー 椀」を始め、伝統的な技術を継承しながら“価値の再定義”をコンセプトにプロダクトを製作するブランド。

イベント期間中は「オンリー椀」の展示・受注会を実施。オーダー品の「オンリー椀」は、オーダー後ウレタン塗装、拭き漆仕上げを施すため、2ヶ月から3ヶ月後、また真塗り仕上げの場合は3ヶ月から半年後のお届けとなる。当日持ち帰り可能な既製の椀も販売。13日と14日の朝には、選び方や製造のこだわりを伝えるワークショップも開催する。より深く知って自分にぴったりの器を選びたい方におすすめ。ワークショップの詳細は、サイト(https://peatix.com/user/893184/dashboard)にて確認できる。

和の汁椀ブランチセット(1,450円~)※イメージ
また、イベント期間に先駆け1月9日から、ろくろ舎の漆椀で食べる特製の汁椀ブランチセット(1,450円~)も用意。年末年始で食べ疲れ気味の胃腸にやさしくしみわたる、すり流し風の和の汁椀はオルソ スープストックトーキョー限定レシピ。食べれば身体の中から温まるスープに仕上がった。オリジナルブランチメニューは、1月9日から14日までの提供。

【イベント情報】
いとし ほりだし 器市
会期:2019年1月12日~1月14日
会場:オルソ スープストックトーキョー(also Soup Stock Tokyo)
住所:東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL
時間:飲食11:30~22:30(ラストオーダー22:00)、物販10:00~17:00
編集部
  • 宝泉窯
  • 宝泉窯
  • ろくろ舎
  • ろくろ舎
  • 和の汁椀ブランチセット(1,450円~)※イメージ
ページトップへ