横浜赤レンガ倉庫で熱々の鍋と100種類以上の日本酒が集結するフードフェス開催!

開催日:2019.01.18-01.27
2018.12.12
横浜赤レンガ倉庫は、冬のフードフェスティバル「酒処 鍋小屋 2019」を、2019年1月18日から27日までイベント広場にて開催する。

石狩鍋

開催4回目を迎える「鍋小屋」は、横浜赤レンガ倉庫と海が見える開放的な空間で鍋を囲み、お客様同士の交友を深めて欲しいという想いから生まれた冬のフードフェスティバル。今回はこだわりの鍋に加え、SAKE COMPETITION 2018特別賞を受賞し、トップから最後まで透明感抜群の口当たりを楽しめる「蔵王 K 純米酒」や、酒蔵の地元である播州産の酒米「兵庫北錦」にて醸し、シャープな口当たりと鋭いキレが特徴の「播州一献 超辛口純米」、KURA MASTER 2018プラチナ賞を受賞した、華やかな香りとすっきりとした優しい口当たりの「國華の薫 純米大吟醸 結の香」、1550年に創業した「白雪」の元禄時代当時の酒を再現した濃醇甘口のお酒「白雪 江戸元禄の酒」など、日本各地から厳選した日本酒の銘柄が100種類以上取り揃えられている。

平成31年にちなんで、鍋と共に31種類の日本酒からちょい呑みが3杯楽しめるお得なセット「ちょい呑みセット」(チケット3枚+オリジナルお猪口5勺 1,500円)や、「ちょい呑み・ちょい鍋(おつまみ)セット」(チケット各3枚+オリジナルお猪口5勺 2,500円)を、1日各100名の数量限定で販売。日本独自の食文化である鍋と共に、日本酒を味わう楽しみ方を提案する。

激辛! 坦々豚スタミナ鍋

会場内は土鍋で作る熱々の鍋を提供する「作る鍋エリア」と、1杯から鍋を選んで食べ比べが楽しめる「一杯鍋エリア」に分かれている。どちらのエリアでも、普段食べる機会が少ない日本各地のご当地鍋や、思わず写真を撮りたくなるような、フォトジェニックな「ジェニ鍋」を提供。気分に合わせて楽しみ方を変えることができる。
おすすめの鍋は、鮭、ホタテ、甘えび、渡り蟹など北海道の冬の味覚を存分に味わえる「石狩鍋」や、モッツァレラチーズやスイートバジル、トマトを丸ごと1個使用してピッツァのように仕上げた「鍋マルゲリータ」など。

酒処 鍋小屋 2019

会場内は赤ちょうちんや菰樽(こもだる)が並び、古き良き昭和レトロな雰囲気が漂う空間に。さらにイベント期間中、館内のお店では「富士山冷酒杯揃え(赤・青)」(税込2,700円)や「すき焼きの小鉢の食品サンプル」(税込3,240円)など、鍋やお酒にちなんだグッズやフードを販売。

「いつ来ても変わらない、けれども、いつ来ても新しい」をコンセプトに掲げる横浜赤レンガ倉庫にて、寒い冬だからこそ楽しめるイベント。平成最後の冬、気の合う仲間や恋人、家族と一緒に、どこか懐かしい空間で鍋と日本酒を囲んでみては。

【イベント情報】
酒処 鍋小屋 2019
会期:2019年1月18日〜1月27日
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場内特設テント
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
時間:平日12:00~21:30 / 土日11:00~21:30(L.O. 21:00)
入場無料 ※飲食代は別途
編集部
  • 酒処 鍋小屋 2019
  • 酒処 鍋小屋 2019
  • 酒処 鍋小屋 2019
  • 酒処 鍋小屋 2019
  • 酒処 鍋小屋 2019
  • 石狩鍋
  • あんこう鍋
  • 激辛!坦々豚スタミナ鍋
  • 蒸し牡蠣
  • ほっかほかラム生姜鍋(旨出汁ver.&旨辛ver.)
  • 秋田県大館市直送!名物きりたんぽ鍋
  • 鍋マルゲリータ
  • 黒胡椒豆乳鍋
  • 常陸牛の牛すき焼き鍋
  • 國華の薫 純米大吟醸 結の香
  • 白雪 江戸元禄の酒
  • 蔵王 K 純米酒
  • 播州一献 超辛口純米
  • 酒蔵 イメージ画像
  • 酒蔵 イメージ画像
  • 酒蔵 イメージ画像
  • moz デニムコンパクトミトン(税込1,296円)
  • すき焼きの小鉢の食品サンプル(税込3,240円)
  • 富士山冷酒杯揃え(赤)(税込2,700円)
  • 富士山冷酒杯揃え(青)(税込2,700円)
  • 博多かしわ水たき3本詰め合わせ(税込2,700円)
ページトップへ