星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコートに、冬のアフタヌーンティーとクリスマス限定デザートコースが登場

開催日:2018.12.01-2019.02.24
2018.11.30
星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコートに、12月1日から2月24日まで「森のアフタヌーンティー・冬」と、12月22日から25日までのクリスマス限定のデザートコース「デセール・ド・ノエル」が登場。さらに12月1日から25日まで、隣接の軽井沢高原教会では「クリスマスキャンドルナイト2018」が開催される。

「キャンドルナイト」

2018年のクリスマスデザートコース「デセール・ド・ノエル」は、雪に白く覆われた静かな森や冠雪の浅間山、普段は静まりかえる夜の街をクリスマスツリーやイルミネーションが明るく照らし、恋人たちが寄り添うように歩く軽井沢のクリスマスの情景を表現。

ブラン・マンジェ(ミルクがベースの冷菓)に洋梨とリンゴのコンポートを乗せ、ホワイトクリスマスの夜に灯るキャンドルのきらめきをイメージした「キャンドルナイト」、クレメ・ダンジュ(チーズケーキの一種)にたっぷりの苺を合わせ、ほのかにバラの香りが漂う「クリスマス・ローズ」、軽井沢のシンボル、浅間山をモチーフにした燻製モンブラン「冬の浅間山」、山ぶどう、リンゴ、胡桃、山椒などフルーツやスパイスを用い、味もデザインも繊細な3種類のミニャルディーズ(ひと口サイズのお菓子)「森の贈りもの」など全4品が登場する。

「クリスマス・ローズ」
「森のアフタヌーンティー・冬」は、温かな野菜やシャルキュトリー(ソーセージやパテ)などを、温かい紅茶やハーブティーと一緒にリラックスしながら味わえる。

アフタヌーンティーBOXの扉を開けると、柚子やビーツを生地に練りこんだマドレーヌのサンドウィッチやミニバーガー、ミニクレープなど可愛らしいフィンガーフードが並び、ホクホクした食感のブロッコリー、さつまいもなどの温かい野菜とシャルキュトリーが入ったココットの他、果肉が赤いリンゴ、洋梨のタルト、ショコラのサブレなど10種類のミニャルディーズが揃い、軽めのランチにもおすすめ。

星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ

ホテルに隣接する軽井沢高原教会では12月1日から25日まで、無数のキャンドルの灯りが教会の森を照らす「クリスマスキャンドルナイト 2018」を開催。

暖かな光を灯すランタンキャンドルや高さ6メートルのもみの木ツリーが幻想的な光景を生み出す「ランタンキャンドルと光の十字路」や、ランタンを照らしながら森の散策を楽しめる「ランタン散策」、牧師の講話とゴスペルを組み合わせたクリスマス音楽礼拝やハンドベルとハープのアンサンブルなどが行われる。メールでメッセージを簡単に伝えられる現代だからこそ、贈る相手を想い手紙を綴る時間を大切に考えた「想いを綴るクリスマスレター」など、都会では体験できないクリスマスの想い出を楽しむことができる。

【イベント情報】
クリスマスデザートコース「デセール・ド・ノエル」
会期:12月22日〜12月25日
会場:星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ
時間:10:00〜16:00(ラストオーダー)
料金:3,500円 ※「冬の浅間山」は1,200円にて単品オーダー可 、税・サービス料別

「森のアフタヌーンティー・冬」
会期:12月1日~12月21日、12月26日~2019年1月6日、1月25日〜27日、2月1日〜3日、15日〜17日、22日〜24日※1月4日以降は予約制。前日15:00までに要予約。
会場:星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ
時間:12:00~17:30(ラストオーダー)
料金:ドリンク付き 4,500円※税・サービス料別

「軽井沢高原教会 クリスマスキャンドルナイト 2018」
会期:12月1日~12月25日
会場:軽井沢高原教会 
編集部
  • 星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ
  • 「キャンドルナイト」
  • 「キャンドルナイト」
  • 「クリスマス・ローズ」
  • 「クリスマス・ローズ」
  • 「冬の浅間山」
ページトップへ