「MARK IS 福岡ももち」が11月開業! 九州初出店のRHC ロンハーマンなど全163店舗が集結

開催日:2018.11.21
2018.08.28
福岡・シーサイドももち地区に、「MARK IS 福岡ももち」が、11月21日にオープン。新業態や県内初出店を含む、全163店舗のラインアップが決定した。

エントランス周辺完成予想イメージ(韓国総領事館側)
施設は、「モモチゴコチ 〜まいにちも、とっておきも。〜」をコンセプトに、海辺にありながら都心にも近いシーサイドももちという立地を生かし、ファミリー層を中心としてヤング層からシニア層、そして近隣居住者から観光客まで幅広い方々がターゲット。空間コンセプトは、立地を生かしながら、福岡・ヤフオク!ドームやヒルトン福岡シーホークといった周辺施設と一体となって魅力的な町並みを形成する“海辺の丘のまち”とし、どこにいても海辺の心地良い空気を感じられる施設として、福岡市を象徴する新しい景観を作り出す。心地よくときを過ごせる空間と、エンターテインメントやワンランク上の日常を実現する上質なモノやサービスを提供するコンテンツを、ワンストップで集積することで、地元の方の日常に溶け込みながら、地域のランドマークとなる施設を目指す。全163店舗のうち、新業態が9店舗、県内初出店が44店舗、商業施設初出店が19店舗となるラインアップは、様々な生活シーンやリアルなニーズに合わせ、各カテゴリーで旬な店舗が集結する。

「ももステ ~ももちステージ~」完成予想イメージ
出店店舗には、九州初進出となるカリフォルニア発のコンセプトストア・RHC ロンハーマンをはじめ、ツタヤ ブックストア(TSUTAYA BOOKSTORE)、インテリアショップのアクタス(ACTUS)、ジャーナルスタンダード・レリューム(JOURNAL STANDARD relume)、ナノユニバース(nano・universe)、フリークスストア(FREAK'S STORE)といった人気セレクトショップスポーツアウトドアショップ、インポートブランドを取り揃え、高感度なライフスタイルを提案する。また九州初出店となる金沢の金沢まいもん寿司や、北部九州で根強いファンを持つドライブイン鳥が商業施設初出店するなど、日常から特別な日まで利用可能なレストランカフェも充実する。

その他ライブホール「Zepp Fukuoka」や、4DXを導入したシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ福岡ももち」、VR体験もできるアミューズメント施設「namco」などエンターテインメントや、クリニック、パーソナルジム、リラクゼーション、ヘルス&ビューティー系サービスなど多様なラインアップで、ショッピングや事と併せて、1日中楽しめる要素が盛りだくさんの施設となる。

【店舗情報】
MARK IS 福岡ももち
住所:福岡県福岡市中央区地行浜2-2
オープン日:11月21日
編集部
  • エントランス周辺完成予想イメージ(韓国総領事館側)
  • 外観完成予想イメージ(韓国総領事館側)
  • 外観完成予想イメージ(唐人町駅側)
  • 外周完成予想イメージ
  • 「MARK IS デッキ」完成予想イメージ
  • 外観完成予想イメージ(韓国総領事館側 / 夜景)
  • 外観完成予想イメージ(唐人町駅側 / 夜景)
  • 「あそびばももち(ASO VIVA MOMOCHI)」完成予想イメージ
  • 「OH-KAIDAN(おおかいだん)」完成予想イメージ
  • 「ももステ ~ももちステージ~」完成予想イメージ
  • 「ももキチ」完成予想イメージ
  • 4回レストスペース周辺完成予想イメージ
  • 全体街区完成予想イメージ
ページトップへ