スターバックス新作「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」を味わってきた!

2018.05.29
スターバックスから5月30日、「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」が新登場した。

スターバックスが新たにスタートした、日本文化を再発見・発信するプロジェト「STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT」の第1弾として発売された「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」。石川県で日常的に親しまれている、やさしいまろやかな香りが特徴の“加賀棒茶”を用いて、フラペチーノ®に仕立てた一品だ。


希少部位である一番茶の茎だけを浅煎りした“棒ほうじ茶”を粉砕したパウダーをブレンドしたフラペチーノ®、ふんわりエスプーマのホワイトチョコレートクリーム、そして香料、着色料不使用のぷるんとみずみずしい“加賀棒ほうじ茶ジェリー”を敷き詰めた三層仕立て。透明感ある黄金色の涼やかな見た目、甘さを抑えた棒ほうじ茶来の香りが引き立つフラペチーノ®は、暑い夏でものどごしスッキリ、デザート感覚で味わえる夏にぴったりなドリンク

サイズはトールのみで価格は620円。一部店舗を除く全国のスターバックス店舗で7月19日まで販売される。無くなり次第終了なのでお早めに!

「STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT」とは、日本独自の良さ、奥深さを讃えるプロジェクト。語るべき驚きを秘めた“おいしい! ”にまつわるストーリーや背景を食・食材・など様々な形で日本の若者に向けて、継続的に提案していくプロジェクト。

今回、日本文化のひとつである茶文化の魅力をカジュアルに再認識してほしいという想いを込めて、石川県の加賀地方を中心に長く愛されてきた“加賀 棒ほうじ茶”に着目。石川県は、江戸時代に経済に文化政策を取り込み、加賀藩を繁栄させていった前田家の取り組みにより、現代でも茶文化や工芸文化が盛んな地域だそう。その地で生まれた“加賀 棒ほうじ茶”は、明治35年に、庶民には手の届かない高価なものであったお茶を、金沢の茶商林家新兵衛が捨てる部分であった茎を焙じて売り出したところ人気になったというストーリーがある。
編集部
  • 加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ® Tall/620円
  • 加賀 棒ほうじ茶
  • 加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ® Tall/620円
  • STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT
  • STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT
ページトップへ