ポルトガルの手仕事と夏の空気を運ぶイベントが、下北沢フォグリネンワークで開催

開催日:2018.05.29-05.31
2018.05.23
ポルトガルの夏を感じる3組の作り手による作品を紹介、展示販売する「MÃO/PORTUGAL “O verão”」展が、5月29日から31日まで、東京下北沢のFog linen workにて開催。


手仕事がとても盛んで、近年、近隣諸国からアーティストが続々と移住する魅力を持ち、“ヨーロッパ最後の田舎”と言われるヨーロッパ最西端の国、ポルトガル。

ポルトガルでの旅行をきっかけに、その土地の手仕事と現地での暮らしぶりに魅了された女性二人組カステラノート(CASTELLA NOTE)は、フィールドワークを通じ、昔ながらに培われてきた手仕事と独自の哲学でインディペンデントに活動する若手の作家の作品を、現地で撮りためた写真とともにポップアップ形式で紹介する。


ポルトガルで作り手を訪ねたり、現地で生活してみると「何もないけれどすべてある、その豊かさ」に驚かされる。ワインパン、生ハムなど日々の暮らしに欠かせないものは全て自家製、北部では羊と暮らしながら農作業の傍らで糸を紡ぎ、毛糸で編み物をし、南部ではバスケットを編む。田舎にはまだそんな生活が当たり前に残っている。

あるものを活かして直しながら使うなど、決してお金がある国ではないからこそ自分たちの手で作り出す、そんな暮らしの中で生まれた手仕事たちは、どれもどこか素朴で手のあたたかさと感触が色濃く残ったような質感がある。家族や友人たちとの日常を大切にするシンプルな暮らし、限られたものの中から生み出すクリエイティビティ。若い人たちにもその精神は受け継がれており、特に若手の作家たちが作るものづくりの根底に息づく。そうしたポルトガルの暮らしや風景、そこで培われたものづくりを伝えたいと2016年12月にスタートしたのが「MÃO/PORTUGAL」展だ。

シルバーアクセサリー(イネス・ソブレイラ)

4回目となる展では、3ブランドを紹介。「イネス・ソブレイラ(INES SOBREIRA)」は、日本で初めての紹介となるアクセサリー作家。シルバーの糸を編み紡ぐ彼女の世界観はどこか的で柔らかく空気を編み込み、ときに驚きをもって小さな世界から語りかける。

新作のセラミックシリーズ(マルガリーダ・ファブリカ)

「マルガリーダ・ファブリカ(MARGARIDA FABRICA)」は、マルガリーダの透明感溢れるセラミックと、パートナーで夫のアンドレによるユニークで野性味あるペイントとのコラボレーションシリーズ「COLEÇÃO MAR / SEA COLLECTION」を本展限定で製作した。船乗りでアーティストあるアンドレが描き出す、ホエールにはじまるブルーのペイントが夏らしい作品。

アルガルヴェ・バスケット

ポルトガルの最南アルガルヴェで出会ったおばあちゃんたちが編むバスケット「アルガルヴェ・バスケット(ALGARVE BASKET)」は、イザベルの作る「CaneBasket」と、オデッテが作る「PalmaBasket」を中心にお届け。全て手編みで自然の素材で作られたしなやかな質感のバスケットたち、そしてこれからの季節に持ちたくなる楽しい新型も並ぶ。

この機会にポルトガルの手仕事に触れ、“ポルトガルの手の記憶、夏の空気”を感じてみては。

【イベント情報】
MÃO / PORTUGAL “ O verão ”(マオ/ ポルトガル “ウ・ヴェラオ”)
会期:5月29日〜31日
会場:FOG 2nd FLOOR
住所:東京都世田谷区代田5-35-1 fog linen work 2F
時間:12:00〜18:00(最終日は16:00まで)
編集部
  • 「MÃO / PORTUGAL “ O verão ”」を下北沢Fog linen workにて開催
  • 「イネス・ソブレイラ(INES SOBREIRA)」シルバーアクセサリー
  • イネス・ソブレイラ(INES SOBREIRA)
  • 「マルガリーダ・ファブリカ(MARGARIDA FABRICA)」新作のセラミックシリーズ
  • マルガリーダ・ファブリカ(MARGARIDA FABRICA)
  • アルガルヴェ・バスケット(ALGARVE BASKET)
  • アルガルヴェ・バスケット(ALGARVE BASKET)
  • ポルトガルの風景
  • ポルトガルの風景
ページトップへ