約300匹のこいのぼりが泳ぐ! 国立新美術館で須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一による「こいのぼりなう! 」

開催日:2018.04.11-05.28
2018.04.18
国立新美術館で、須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一による過去最大級のインスタレーション「こいのぼりなう! 」が5月28日まで開催中。

須藤玲子+アドリアン・ガルデール《こいのぼり》2014年 フランス国立ギメ東洋美術館展示風景

日本を代表するテキスタイルデザイナー、須藤玲子と、須藤主宰のテキスタイルメーカー「布」のメンバーがデザインした約300匹のこいのぼりが、展示室の空間全体をダイナミックに泳ぎまわる展。

須藤は、日本の伝統行事に着想を得たこのインスタレーションを、フランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデールとコラボレーションし、2008年にはワシントンD.C.のジョン・F・ケネディ舞台芸術センターにて、2014年にはパリのギメ東洋美術館にて発表した。また、今回の国立新美術館のもっとも大きい展示室(2000平方メートル、天井高8メートル)を使った新しいバージョンには、ライゾマティクスの活動で知られる齋藤精一も加わり、日本で初めてのコラボレーションが実現する。

展示風景:「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」国立新美術館 2018年 / 画像提供: 国立新美術館

会場には誰でも参加できる体験コーナーも用意。ワークシートを使い、手軽にこいのぼりの制作が楽しめる参加無料の体験コーナーを会場に併設。また、こいのぼりに使われている布を実際に手に取り、それぞれにつけられているタイトルや産地の情報を知ることができるコーナーも設ける。

さらに、トークイベントとして、5月13日の14時から15時半まで、須藤と齋藤によるスペシャル・トークが行われる。4月29日には須藤を講師に迎え、色とりどりの布地の中から好きな色と柄を自由に組み合わせ、世界に一つだけのミニこいのぼりを作るワークショップも開催される。プログラムは同じ内容で2回行われ、第1回は13時から14時15分、第2回は14時45分から16時まで。

須藤玲子+アドリアン・ガルデール《こいのぼり》2008年 ジョン・F・ケネディ舞台芸術センター展示風景

その他、本インスタレーションにサウンドを提供するソフトパッド(Softpad)による「アートナイト2018」に合わせたスペシャル・プログラムを5月26日に開催予定。詳細は、ホームページ(http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/koinoborinow2018/)にて。

色とりどりのこいのぼりが生み出す「なう!」な空間を楽しんでみては?


【イベント情報】
こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション
会期:4月11日~5月28日
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
時間:10:00〜18:00(毎週金・土、4月28日~5月6日は20:00まで。5月26日は「六本木アートナイト2018」開催に伴い22:00まで開館。入場は閉館の30分前まで)
料金:無料
休館日:火曜日(5月1日は開館)
編集部
  • 須藤玲子+アドリアン・ガルデール《こいのぼり》(2014年)フランス国立ギメ東洋美術館展示風景
  • 展示風景:「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」国立新美術館 2018年
  • 「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」国立新美術館 2018年
  • 須藤玲子《Trap Circle》(2015年)撮影: Sue McNab
  • 須藤玲子+アドリアン・ガルデール《Fantasy in Japan Blue》(2017年)ジョン・F・ケネディ舞台芸術センター展示風景
  • 須藤玲子+齋藤精一《NUNO: Lost and Found(鶴岡織物工業協同組合)》(映像スチル)(2016年)
  • 須藤玲子+アドリアン・ガルデール《こいのぼり》(2008年)ジョン・F・ケネディ舞台芸術センター展示風景
  • 須藤玲子+アドリアン・ガルデール《こいのぼり》(2008年)ジョン・F・ケネディ舞台芸術センター展示風景
ページトップへ