写真家・笠原秀信による旅をテーマにしたオンラインExhibition「THE ROAD」。第8弾はイタリア・ミラノ編

2022.09.12
写真家・笠原秀信がイタリア周遊旅行の途中で切り取ったランドスケープ「THE ROAD」の第8弾・イタリア・ミラノ編をお届けします。



第8弾の舞台は、ファッション、インテリア、デザインの発信地ミラノ

ミラノ・コレクションなどで知られるように古くから服飾・繊維産業などファッション関連の産業が盛んな土地柄であり「ファッションの都」と称される。ミラノはパリに次いで欧州連合の中で2番目の経済都市としても有名。

ミラノの2大産業とも呼ばれている「ファッション」と「デザイン」。世界中から新鋭クリエータ-が集まる街として知られるミラノでは音楽絵画などのアーティストに留まらず、あらゆる「ファッション」や「デザイン」を学ぶ若い学生が世界中から集まる芸術学校が多数存在する学園都市としても有名である。1978年から始まった「ミラノ・コレクション」はパリ、ニューヨークと並ぶ世界3大ファッションショーであるが、これはまさにミラノを象徴しているとも言える。





ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世

1867年に完成した、初代イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の名を冠する十字型巨大ショッピングアーケード「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」。




ドーム状の屋根は、イタリアで初めて鉄とガラスを用いて造られていて、今も当時のたたずまいが残っています。


ドゥオーモ

ミラノのドゥオーモ大聖堂は聖母マリアに捧げられた世界最大級のゴシック建築です。


ゴシック建築の大聖堂としては、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂に次ぐ大きさです。だいたい東京ドームの4分の1ぐらいの大きさといえば想像しやすいと思います。



ミラノのドゥオーモは、5つに分かれる身廊、翼廊、後陣から成るラテン十字型の大聖堂です。一度に最大4万人を収容する事ができるそうです。


大聖堂の5つの身廊は、1年の週数と同じ52の柱で隔てられ、天井はゴシック建築特有の交差リブヴォールトと尖頭アーチ(先端が尖ってるアーチ)で支えられています。



巨大なパイプオルガン
主祭壇の左右には木枠に金メッキが施された2台のパイプオルガンが向い合せに置かれています。このオルガンは1938年に復元されたもので、15,800本のパイプと120のストップ(オルガンの音色選択機構)を持つ、イタリアで最大のものです。世界でもドイツのパッサウにある聖シュテファン大聖堂に次いで2番目の大きさを誇っています




ステンドグラス
ドゥオーモの側廊や後陣の大窓は色鮮やかなステンドグラスで飾られ、旧約聖書や新約聖書、聖母マリアのエピソードなどが描かれています。

本大聖堂のステンドグラスは、製作年にバラつきがあるのが特徴で、古いものだと15世紀〜16世紀まで遡ります。この時代のものは予め着色したガラスペーストをパズルの様に組み立てて製作されています。

ドゥオーモ広場ヴィットリオエマヌエーレ2世 騎馬像
至る所にあるジェラードショップ
ミラノのトラム

スフォルツェスコ城



1358年から1370年ごろ、中世イタリア・ミラノの名族ヴィスコンティ家の僭主ガレアッツォ2世・ヴィスコンティによって、近くの市壁門の名前から「 Castello di Porta Giova (もしくは Porta Zubia)」と呼ばれる城として建造命令がなされた。居城として子孫たちによって拡張されていったが、1447年にミラノで発足した短命政権「黄金のアンブロジアーナ共和国(英語版)」によって破壊された。

1450年にミラノ公爵のフランチェスコ・スフォルツァがヴィスコンティ家の居城を改築して城塞とした。その後、16世紀から17世紀にかけて改装・増築され、ヨーロッパでも有数の規模の城塞となった。1796年この地を征服したナポレオン1世によって一部の施設が破壊されたが、1891年から1905年にかけて、建築家ルカ・ベルトラミらによって修復された。



カステッロ広場
カステッロ広場
カステッロ広場の噴水

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会



1296年、アルノルフォ・デ・カンピオの設計により大聖堂を取り壊して着工し、ジョット、フランチェスコ・タランティらが造営主任をつとめる。以降、ミラノ公フランチェスコ・スフォルツァがドミニコ修道院と教会の建設を指示し、建築家ソラーリによって長い年月をかけ1469年に完成した。教会のアプスは1492年以降、ドナト・ブラマンテにより改築されたものとされる(明白な証拠はない、という指摘もある)。当時ブラマンテはミラノに居住しており、教会の歴史書のなかにも一度登場している。

レオナルドと8歳年上のブラマンテは同時期にミラノに滞在していた。レオナルドの手記にも理想の教会堂のスケッチが残されており、両者の交流があったことが考えられる。
教会は第二次世界大戦中に連合軍の空襲を受け、大きな被害を受けた。『最後の晩餐』の前には土嚢が積み上げてあったため、かろうじて被害を免れたという。



サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接するドメニコ会修道院の食堂の壁に巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1495年から1497年にかけて描いた「最後の晩餐」は、芸術史に新しい時代を開いた重要な作品。

ライトアップされたドゥオーモ

コロナ流行りで世の中のリモート化が急速に進んだ一方、誰かとの他愛もない会話だったり、道端のを愛でる時間だったり、アナログとして大事にしなければならないものが確かにある。そんな思いが交錯するかのような道と人々と街が織りなすストーリー「THE ROAD」。

静かで温かな空気感をとらえる笠原秀信のアートのようなフォトグラフィーに、とくと注目したい。

過去と現在、そして未来を見つめながら、私たちの道はまだまだ続いていく。


「THE ROAD 」by Hidenobu Kasahara
https://hidenobu.com/the_road/

photo : Hidenobu Kasahara


THE ROAD 掲載中の写真を下記HPにて販売開始をいたしました。
https://www.pick-up.design

編集部
  • 十字型巨大ショッピングアーケード「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」
  • 十字型巨大ショッピングアーケード「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」
  • 十字型巨大ショッピングアーケード「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」
  • ミラノのドゥオーモ
  • ミラノのドゥオーモ
  • ミラノのドゥオーモ
  • ミラノのドゥオーモ
  • ドゥオーモの巨大なパイプオルガン
  • ドゥオーモのステンドグラス
  • ドゥオーモ広場
  • ヴィットリオエマヌエーレ2世 騎馬像
  • 至る所にあるジェラードショップ
  • ミラノのトラム
  • スフォルツェスコ城
  • スフォルツェスコ城
  • スフォルツェスコ城
  • カステッロ広場
  • カステッロ広場の噴水
  • カステッロ広場の噴水
  • サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
  • サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
  • 「最後の晩餐」
  • ライトアップされたドゥオーモ
ページトップへ