東急プラザが渋谷に帰ってくる! 2019年秋、成熟した大人世代に向けた「MELLOW LIFE」を提案

2018.03.15
渋谷駅西口に、成熟した大人世代に向けた“MELLOW LIFE(メロウ ライフ)”を提案する、「東急プラザ渋谷」が2019年秋(予定)に誕生する。

道玄坂一丁目駅前地区 外観(北東側)イメージ 東急不動産株式会社

2015年まで49年間、長きにわたり渋谷を訪れる人に愛されていた東急プラザ渋谷。100年に1度といわれる再開発が進む渋谷駅周辺で、西口の旧東急プラザの跡地に生まれ変わった同施設が誕生する。「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」として旧東急プラザと隣接するエリアを含む街区の竣工が2019年秋に予定されており、同プロジェクトのビルの地下1階から8階、17階、18階が商業エリアとなり、そのなかの2階から8階、17階、18階が東急プラザとしてオープンする予定だ。

東急プラザ渋谷のターゲットは、“都会派の感度が成熟した大人たち”。積み重ねた人生で磨かれたセンスを持つ成熟した大人たちに向けて、今までにない空間と価値観を提供。“本物、本質的、普遍的”なものの良さを大切にし、時間を積み重ね成熟していく豊かな人生を楽しむこと、それを“MELLOW LIFE”と名付け、新時代に向け新しいライフスタイルを提案する。

コンセプトである“MELLOW”とは、光・色・声・音など豊かで美しい、豊潤なといった意味を持つ言葉。多様性を保ちながら、新しいトレンドが生まれる街・渋谷だからこそ、年月を重ねていくことの面白さやトレンドと本質的な良さの両方を楽しむことなど、これまでにない新しい価値観を発信。

美、健康、食をはじめ、ライフプランのサポートまで、成熟した大人たちのニーズに応える店舗構成を予定している。従来のモノやコトを消費者に一方的に提供するのではなく、ソリューションや体験を提供することで、パートナーとして人生に寄り添うことができる新しいライフスタイルを発信する商業施設を目指す。

編集部
  • 道玄坂一丁目駅前地区
  • 道玄坂一丁目駅前地区 1階バスターミナル及びアーバン・コアのイメージ(北東からのぞむ)
  • 道玄坂一丁目駅前地区 歩行者優先道路のイメージ
  • 道玄坂一丁目駅前地区 南西側外観
  • 閉館前の旧東急プラザ渋谷
  • 開業時の旧東急プラザ渋谷
ページトップへ