不要なおもちゃをキッズ用インテリアへと変身させるプロジェクト「エコバーディ」

2018.02.17
2018年1月リリースとなったヨーロッパインテリアブランドエコバーディ(ecoBirdy)。フランスパリで開催されたインテリアのデザインフェア「メゾン・エ・オブジェMaison & Objet)」でその第1弾コレクションがお披露目となった。ブランドのコンセプトは、子どもたちのインテリアを不要になったプラスチックのおもちゃで作ることだ。そのエコバーディが大きく注目される理由の1つは、プロダクトを単にデザインしただけではなく、その完成までのプロセスを完璧にデザインしたところにある。

チームは学校を訪れ、プラスチックを無駄にすることはいかに環境へ悪影響を及ぼすかを特製のストーリーブックを用いて授業を行う。そして用意した大きな容に、不要になったおもちゃを子どもたち自身に入れてもらうそうだ。そうすることで子どもたちにクリエイティビティーを体験してもらい、またリサイクルでモノが持続していく重要さに気付いてもらうことができるとエコバーディは考えているという。安全性にも力を入れていて、回収したおもちゃを仕分け、粉砕する過程で有害な化学物質を完全に取り除いている。また完成後、粉砕されたプラスチックが斑点のようになり見た目にアクセントを加え、一目でリサイクルプロダクトだと分かるようにしているのもポイントだ。

チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)


キウイ(KIWI, THE STORAGE CONTAINER)

第1弾コレクションは4つのインテリアプロダクトがリリースされた。丸みを帯びた形状が可愛らしい屋内外で使用できる椅子、チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)、そのチャーリーとセットで使用できるテーブル、ルイーザ(LUISA, THE TABLE)。そして鳥のキウイを彷彿とさせるデザインの容器、キウイ(KIWI, THE STORAGE CONTAINER)に、サイの形を意識したランプ、ライノ(RHINO, THE LAMP)。各モデル数色のバリエーションが用意されており、ウェブサイトで注文を受け付けている。


記事は (引用元: https://www.ecobirdy.com/)に許可を得て、翻訳・執筆を行っております。
hirokoike
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • チャーリー(CHARLIE, THE CHAIR)
  • キウイ(KIWI, THE STORAGE CONTAINER)
  • キウイ(KIWI, THE STORAGE CONTAINER)
  • ライノ(RHINO, THE LAMP)
  • ライノ(RHINO, THE LAMP)
  • ルイーザ(LUISA, THE TABLE)
ページトップへ