新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

金沢21世紀美術館で「コレクション展3 見ることの冒険」を開催、展示室ごとにキーワードを掲げ作品展示

開催日:2018.01.27-06.24
2018.01.31
石川県・金沢市にある金沢21世紀美術館では、「コレクション展3 見ることの冒険」を1月27日から6月24日まで開催している。

展では美術館について、作品を「見ること」「愛でること」「考えること」に適した場所として捉え、色や形、素材、表現方法の異なる作品や、抽象度が高く多様な見方ができる作品を展示する。

《蝶を放つ》
2015
金沢21世紀美術館蔵
©KOGANEZAWA Takehito

会場では展示室ごとに見るためのヒントとなるキーワード「じっくり見る、見つけだす」、「しゃがんで見る、横から見る」、「近づいたり、遠ざかったり」、「目で追いかける、目をとじてみる」などを掲げ、来館者が作品を見る際の一助となる仕組みを作っている。

「目で追いかける、目をとじてみる」では映像を軸としつつパフォーマンスやドローイング、インスタレーションへと表現の幅を拡げ、国内外で作品を発表する小金沢健人の作品を展示。日常の機微を鋭敏に察知し、そこに潜む謎や不穏、美しさやおかしみを浮かび上がらせる作品は高い評価を受けている。

《回転するピラミッドII》2007金沢21世紀美術館蔵© Jeppe HEINcourtesy: Johann König, Berlin, 303 Gallery, New York, andSCAI The Bathhouse, Tokyophoto: KIOKU Keizo
「歩き回って見る、立ち止まって見る」では円や四角形などの単純な幾何学的形態、白などの無彩色、鏡や透明な素材を多用し、一見1960年代のミニマリズムの作品にも見えるような立体作品を制作するイェッペ・ハインなどの作品が登場する。

作品にいつもより気持ちの上でもう一歩近づいてみる、いつもより10秒長く立ち止まってみる、見尽くしたと思っても、もう少し見てみる。そこから見えていなかった細部に気づいたり、様々な想像をめぐらせる時間が生まれるかもしれない。

【展覧会情報】
コレクション展3 見ることの冒険
会期:1月27日〜6月24日
会場:金沢21世紀美術館 展示室1〜6
住所:金沢市広坂1-2-1
時間:10:00~18:00(金曜・土曜は20:00まで、チケットの販売は閉場30分前まで)
料金:一般360円 大学生280円 小中高生無料 65歳以上280円
休館日:毎週月曜日(ただし2月12日、4月30日は開場)、2月13日
編集部
  • 《蝶を放つ》 2015 金沢21世紀美術館蔵
  • 《回転するピラミッドII》 2007 金沢21世紀美術館蔵
ページトップへ