オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー、ストリートを通過しフォーマルへ【2018-19秋冬コレクション】

2018.01.23

ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)によるオフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)が、パリのポンピドゥー・センターを会場に2018-19年秋冬コレクションショーを開催した。ストリートウエアを通過する世代は、次にフォーマルへと向かう割合が少ないと考え、敢えてテーラードを意識した服作りをしたという。一見シンプルなシルエットのスーツでも、パンツの裾にボタン付きのベルトを配し、「“Off-White” business casual」の文字をプリントしたり、ノースリーブジャケットの場合、身頃をカットして繋ぎ合わせたりと、独自解釈を見せている。

大きなラペルが特徴的なムートンのジャケットや、布巾風の赤いラインの入ったブルゾン、ニット類などは、オーバーサイズに仕立てられ、アウターによっては、左のスリーブの肘部分がジップで開く構造になっている。

インナーにはスウェットをコーディネート。アシメトリーにカットすることでドレープを描き、独特のシルエットとボリューム感が生まれている。このテクニックは、ポロシャツやロングスリーブTシャツなどにも応用された。

特に印象的だったのが、ブルーとホワイトのジャカード素材のジャケットとデニムパンツのセットアップ。ロココ柄の重厚なトップとワークウェアの融合が新鮮。アブローの縦横無尽なクリエーションを象徴するようなルックとなっていた。
Tomoaki Shimizu
ページトップへ