藤田嗣治の過去最大回顧展「没後50年 藤田嗣治展」が上野の東京都美術館で来夏開催決定

開催日:2018.07.31-10.08
2017.12.23
《カフェ》 1949年ポンピドゥー・センター蔵
Photo © Musée La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais / Arnaud Loubry / distributed by AMF © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

東京上野東京都美術館にて、2018年7月31日から10月8日まで「没後50年 藤田嗣治展」を開催することが決定した。

1886年に日本で生まれ、80年を超える人生の半分以上をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となったエコール・ド・パリを代表する画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)。2018年は彼が世を去って50年の節目に当たることから、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の美術館の協力を得て、画業の全貌を展観する大回顧展が開催される。

《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》 1922年
シカゴ美術館蔵
© The Art Institute of Chicago / Art Resource, NY © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

展は、制作年順に各時代を代表する「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設け、新たな視点も加えながら藤田芸術をとらえようとする試み。藤田嗣治の代名詞でもある「乳白色の裸婦」を始め、代表作が10点以上一堂に展示される他、初来日となる作品「エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像」や、これまで紹介される機会の少なかった作品など、見どころが満載の展覧会。また、京都にある京都国立近代美術館でも、2018年10月19日から12月16日まで開催される。


【展覧会情報】
没後50年 藤田嗣治展
会期:2018年7月31日~10月8日
会場:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
編集部
  • 《カフェ》 1949年  ポンピドゥー・センター蔵
  • 《タピスリーの裸婦》 1923年  京都国立近代美術館蔵
  • 《自画像》 1929年  東京国立近代美術館蔵
  • 《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》  1922年 シカゴ美術館蔵
  • 《猫》 1940年  東京国立近代美術館蔵
  • 《ホテル・エドガー・キネ》1950年 カルナヴァレ美術館蔵
  • 《礼拝》 1962-63年  パリ市立近代美術館蔵
ページトップへ