日本建築の遺伝子とは? 千利休の茶室から隈研吾まで。森美術館「建築の日本展」がスタート

開催日:2018.04.25-09.17
2017.11.25

東京・六本木の森美術館で、「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」が2018年4月25日(〜9月17日まで)にスタートした。前日に行われた内覧会より本展の見どころをレポートしよう。

建築家・建築史家の藤本照信が監修する本展では、日本の建築を読み解く鍵と考えられる「可能性としての木造」「超越する美学」「安らかなる屋根」「建築としての工芸」「連なる空間」「開かれた折衷」「集まって生きる形」「発見された日本」「共生する自然」と9つの特質で章を編成し、機能主義の近代建築では見過ごされながらも、古代から現代までその底流に脈々と潜む日本建築の遺伝子を考察する。

レポートする上で特筆すべきはなんといっても圧倒的な展示ボリューム。100のプロジェクトに400を超える点数で、古くは縄文時代の住居から、現在進行中の建築物や未来の計画案など現代建築までを一挙に紐解いている。紹介されている建築家の名を挙げれば、フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)や丹下健三、黒川紀章、安藤忠雄、磯崎新、隈研吾、杉本博司、SANAA......建築プロジェクトには、平等院鳳凰堂(1053年)、厳島神社(1241年)といった世界文化遺産から古代出雲大社本殿や伊勢神宮正殿、東京オリンピック国立屋内総合競技場(1964年)、日本武道館(1964年)から、現代に建てられた豊島美術館(2010年)や、東京スカイスリー(2012年)、ラ コリーナ近江八幡 草屋根(2014年)、台中国家歌劇院(2016年)などの建築まで......といった網羅具合だ。

中でも、「建築としての工芸」のセクションで紹介されている、千利休作と伝えられる現存する茶室建築として日本最古の国宝・待庵は必見だ。京都で実物の待庵を見たことがある人も多くいらっしゃるだろうが、ここでは、ものつくり大学が原寸スケールで再現した模型を、間近で見るだけでなく中に入ることができる。本展の監修者である藤本氏の「千利休は、炉の位置、床の間、腰壁に貼られた紙、障子とそこから入る光、たった2畳のスペースにどこをとっても直しどころのない、完璧かつ芸術的な場を作り出した」という語りにもあるように、用の美を秘めた日本建築の遺伝子を実感すれば、普段は無意識的な日本人としての遺伝子が目覚めてくるだろう。

「連なる空間」セクションで紹介されている丹下健三自邸(1953年)は、1/3スケールの巨大模型で再現されている。丹下健三は、広島平和記念公園(1954年)、大阪万博記念公園(1970年)など、戦後の国家的プロジェクトを牽引した建築家。1/3とはいえど、宮大工の技術により実物と変わらない高精度で作り上げられた模型はさらに、タブレットPCを通じて当時の様子が伺える写真とともに鑑賞することもできる。

デジタル技術とのコラボレーションといえば欠くことのできない、ライゾマティクス・アーキテクチャーが作り上げた日本建築の原寸スケールを3Dで体験できる空間だ。「Power of Scale」と名付けられたこのインスタレーションでは、レーザーファイバーと映像により、桂離宮や中銀カプセルタワーなど日本建築の空間概念が大小様々なスケールで原寸再現され、鑑賞者はその空間の中に入り込んでダイナミズムを体感することができる。

あまりにも見応えがあるので、小休憩を兼ねて展示の中間に設けられたブックラウンジにもぜひ注目していただきたい。ここは、戦後のモダニズム建築時代を牽引してきたデザイナーたちの名作家具で構成されており、丹下健三研究室が設計したマガジンラック付ベンチを囲むように、剣持勇や長大作、大江宏のデザインした椅子が並び、それらに腰掛け書籍を閲覧したりして過ごすことができる。現在では美術館に所蔵されているものも多く、普段手に触れることさえできない名作たちだが、今なお現役で使用されている希少な家具を集め、本来の機能のまま使用ができる大変貴重な機会である。

過去に類を見ないこの大掛かりな建築をテーマとした展示により、日本の過去と現在だけでなく、未来像が今ここで照らし出される。


【展覧会情報】
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの
会期:2018年4月25日〜9月17日
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
時間:10:00〜22:00(火曜10:00〜17:00、いずれも入館は閉館時間の30分前まで)
入館料:一般1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子供(4歳〜中学生)600円 シニア(65歳以上)1,500円

最終更新: 5月2日
編集部
  • 北川原温+北川原温建築都市研究所+石本建築事務所 《ミラノ国際博覧会2015 日本館》
  • 隈研吾建築都市設計事務所 《梼原・木橋ミュージアム》
  • 隈研吾建築都市設計事務所 《梼原・木橋ミュージアム》
  • 安藤忠雄 《水の教会(星野リゾート トマム)》
  • 伝千利休 《国宝・待庵》
  • 伝千利休 《国宝・待庵》
  • 伝千利休 《国宝・待庵》
  • 伝千利休 《国宝・待庵》
  • 伝千利休 《国宝・待庵》
  • 伝千利休 《国宝・待庵》
  • 丹下都市建築設計 《香川県庁舎》
  • 杉本博司 《光学硝子舞台(小田原文化財団 江之浦測候所)》
  • 杉本博司 《光学硝子舞台(小田原文化財団 江之浦測候所)》
  • 杉本博司 《光学硝子舞台(小田原文化財団 江之浦測候所)》
  • 谷口建築設計研究所 《鈴木大拙館》
  • 吉田五十八 《ロイヤルホテル(現リーガロイヤルホテル)メインラウンジ》
  • ライゾマティクス・アーキテクチャー 《Power of Scale》
  • ライゾマティクス・アーキテクチャー 《Power of Scale》
  • フランク・ロイド・ライト 《帝国ホテル(正面中央部入口)》
  • フランク・ロイド・ライト 《帝国ホテル(正面中央部入口)》
  • 小林清親 《海運橋 第一銀行雪中》
  • 成瀬・猪熊建築設計事務所 《LT城西》
ページトップへ