やくしまるえつこ、マシュー・バーニーなどが参加。金沢21世紀美術館で映画祭「バイオ・ロック」開催!

開催日:2017.11.17-11.19
2017.11.15

政治、社会、哲学、生と死、消費文化、人間の不条理、遊び、時代と娯楽、映像美といったテーマごとにセレクトした作品の上映を行う企画「映画の極意」が11月17日から19日までの3日間、金沢21世紀美術館シアター21にて開催される。

今年第18回目となる同イベントは、今回「バイオ・バロック(生命の過剰さと歪み)」をテーマに、現代アートで国際的に活躍する3作家の映像表現に焦点を当てる。美術館所蔵作家で世界的な評価を得るマシュー・バーニーの、国内では近年公開されていない『クレマスター』全5作と『拘束のドローイング9』の一挙上映を行なう他、緻密に練り上げられたSF的な物語と、実写とは思えないまでの映像表現でカルト的な人気を誇るサスキア・オルドウォーバースの日本初の全作品を上映、国際的な評価が高まるピエール・ユイグの実験的な映像作品などをまとめて紹介。また、金沢21世紀美術館で開催中の「コレクション展2『死なない命』」と関連させて、福島の問題を取り上げて国際的な物議を醸したキム・ギドクの『STOP』、同展でDNA音楽「わたしは人類」を出品中のやくしまるえつこの映像作品の特別上映も実施。この貴重な機会をお見逃しなく。

会期中の上映スケジュールは、11月17日の19時から21時までサスキア・オルドウォーバースの最新作と、日未公開作を含む全9作品(1999-2017/120分)。11月18日の10時から10時40分までマシュー・バーニーの『クレマスター1』(40分)、10時55分から12時14分まで『クレマスター2』(79分)、13時15分から16時32分まで『クレマスター3』(182分)、16時50分から17時32分まで『クレマスター4』(42分)、17時50分から18時44分まで『クレマスター5』(54分)、19時10分から21時25分まで『拘束のドローイング9』(135分)。11月19日の10時から11時15分までピエール・ユイグの『短編作品選』全5作品(1999-2014/75分)、12時45分から14時47分までピエール・ユイグの『The Host and The Cloud』(2009-2010/122分)、15時5分から16時27分までキム・ギドクの『STOP』(2015/82分)、17時から19時までやくしまるえつこのライブ映像を含む『映像作品選』(2008-2017/120分)。なお、チケットは現在発売中で、セット券とフリーパスは前売りのみの販売、前売券で定員110席に達した場合は当日券の販売なし。


【イベント情報】
映画の極意 vol.18 バイオ・バロック:「生命の変容」をめぐる映画祭
会期:11月17日〜11月19日
会場:金沢21世紀美術館シアター21
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
料金:3日間フリーパス 一般8,000円 友の会7,200円(限定20枚)
セット券(マシュー・バーニー全作品鑑賞券)一般6,000円 友の会5,400円(限定30枚)
1回鑑賞券A(マシュー・バーニー『クレマスター1』、『クレマスター4』、『クレマスター5』、ピエール・ユイグ『短編作品選』、キム・ギドク『STOP』)各回一般1,000円 友の会900円
1回鑑賞券B(サスキア・オルドウォーバース『全作品上映』、マシュー・バーニー『クレマスター2』、『拘束のドローイング9』、ピエール・ユイグ『The Host and The Cloud』、やくしまるえつこ『映像作品選』)各回一般1,500円 友の会1,350円
1回鑑賞券C(マシュー・バーニー『クレマスター3』)一般1,900円 友の会1,700円
編集部
  • メインビジュアル
  • マシュー・バーニー『クレマスター1』
  • やくしまるえつこ『映像作品選』
  • ピエール・ユイグ『短編作品選』
  • キム・ギドク『STOP』
  • サスキア・オルドウォーバーズ
ページトップへ