横浜赤レンガ倉庫のクリスマス! 2017年はドイツ・ケルンのマーケットが出現

開催期間:2017.11.25-12.25
2017.10.13

横浜赤レンガ倉庫では、ドイツ・ケルンのクリスマスマーケットの世界観が楽しめる「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」を、11月25日から12月25日までイベント広場にて開催する。

1393年にドイツ・フランクフルトで始まったと言われているクリスマスマーケットは、クリスマスの訪れを待つ“アドヴェント”の期間にクリスマス準備のショッピングを楽しむ催し。横浜赤レンガ倉庫が、ドイツの建築様式を一部に取り入れた歴史的建造物であることや、横浜市がフランクフルト市とパートナー都市であることから、本場の雰囲気を感じられるクリスマスマーケットとして2010年から開催し、今年で8回目を迎える。

今年は、ドイツのクリスマスマーケットの中でも、西部最大であるケルンのクリスマスマーケットの世界観を再現。ケルンのクリスマスマーケットは、世界遺産である大聖堂の前で開催され、光り輝くイルミネーションが特徴的。

会場エントランスのモミの木には、暖色の電球と赤と緑のクリスマスカラーを基調とした装飾を施し、楽しげな並木道の雰囲気を創出。並木道の先には、ドイツから輸入した24台のヒュッテ(木の小屋)が並び、本場のクリスマスマーケットで定番のマグカップ(赤レンガオリジナルデザイン)や、ドイツ雑貨、クリスマス雑貨などを販売する。また雑貨だけでなく、冷えた身体を温めてくれる「グリューワイン(ホットワイン)」や、ドイツのクリスマスの定番の「ソーセージ」、「シュトーレン(ケーキ)」など、ドイツのクリスマスに欠かせないフード・ドリンクも販売し、本場の賑やかなマーケットの様子を演出する。


会場海側には、イベントのシンボルである高さ約12メートルの本物のモミの木を使用したクリスマスツリーを設置。無数のライトがついたイルミネーションルーフがシンボルツリーに向けて飾られ、光のトンネルが会場に華を添える。

クリスマスツリーと並木道の装飾は、昨年に引き続き、大切な人への花贈りを提案するフラワーショップ「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」がプロデュース。他にもイベント期間中には、クリスマス音楽の生演奏が行われるなど、本場の雰囲気を楽しめる。

また、横浜赤レンガ倉庫1号館、2号館ではオリジナルのクリスマスリース・キャンドルなどの創作ワークショップや、サンタクロースがプレゼント配布や記念撮影などを行うグリーティング企画、赤レンガオリジナルグッズが当たる抽選会などを期間限定で開催。他にも、限定のクリスマスグッズや、ここでしか味わえないフード・ドリンクメニューも販売される。


【イベント情報】
クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
会期:11月25日~12月25日
時間:11月25日~12月15日は11:00~22:00、ライトアップ 16:00~22:00(ツリーのみ24:00まで)、12月16日~12月25日は11:00~23:00、ライトアップ 16:00~23:00(ツリーのみ24:00まで)
料金:入場料無料(飲食代は別途)
編集部
  • 「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」会場イメージ
  • ケルンのクリスマスマーケット
  • ケルンのクリスマスマーケットの世界観が楽しめる2月25日に開催
  • ドリンク「グリューワイン」(イメージ)
  • ドリンク「グリューワイン」(イメージ)
  • フード「ジビエ料理」(イメージ)
  • グリューワイン提供用、数量限定オリジナルブーツ型マグカップ(イメージ)
  • グリューワイン提供用、数量限定オリジナルブーツ型マグカップ(イメージ)
ページトップへ